暮らしのヒント


寝具に寿命があるのを知っていますか?

 買ったときに比べて布団が薄くなった気がする、ほこりが出やすくなった…
という場合布団に寿命がきているかも知れません。

布団のもともとの品質、お手入れ、使う人によって寿命は変わってきますが、衛生面からみても一般的に、羽毛布団は10年から15年、掛布団は5年から10年、敷布団は3年から5年と言われています。
 また、目安として下記のような状態になりましたら、買い替え時と思われます。

《 掛布団 》

中綿がへたってきて、寝ていて寒い。
→綿の間にできる空気層がつぶれて保温効果がなくなってしまったため

《 敷布団 》

寝返りが多くなった、寝ていて痛い
→固綿や中芯がへたって、体重のかかる部分が底つきしてしまったため

 体を支える敷布団の方が掛布団より寿命が短くなっています。なるべく長持ちさせるために敷布団は裏表、上下を入れ替えてまんべんなく使いましょう。

寝具に寿命があるのを知っていますか?
 

なんだか布団がひんやりする、というのは湿気がたまって逃げなくなっているのが原因。寝ている間に大人はおよそコップ1杯の汗をかきますので、それを吸い込んでしまう敷布団はカビやダニも発生しやすくなります。天気の良い日は天日に干したり、窓を開けて空気を通しましょう。
 また掛布団は季節によって使い分けていますが、敷布団は一年中同じもの。なので、敷布団の寿命は意外と短いのです。

寝具に寿命があるのを知っていますか?