ケルヒャースチームクリーナーを使おう

一時期のブームで、スチームクリーナーもずいぶんと認知されるようになった。
ホームセンターはもちろん、デパートやカー用品店でも手に入れることができる。

だが、「思ったほど汚れが落ちない」という意見も耳にする。
そんなあなたはスチームクリーナーの使い方、いや選び方が間違っていないだろうか?

世界ナンバーワンのシェアを誇るメーカー「ケルヒャー」製のクリーナーを例にとり、
上手な使い方を見てみよう。


関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

画像

※こちらの商品は販売終了いたしました。
記事内では、取材を行なった当時に販売されていた機種を使用しており、現在販売しているものとは仕様・操作方法等が異なります。
同等品等の案内は致しかねますので、ご理解のうえ、当情報のご利用をお願いいたします。
また掲載された情報または内容のご利用により、直接的、間接的を問わず、お客様または第三者が被った損害に対して、
弊社は責任を負いません。あらかじめご了承願います。

基本の使い方はとても簡単

スチームクリーナーとは、高温の蒸気を勢いよく汚れに吹きつけながら落としていく、というもの。
普通の掃除機が汚れを「吸い取る」のに比べるとまるっきり違う。

さてその蒸気だが、これはスチームクリーナーの内部で作られる。しくみはこうだ。まず水をクリーナー本体のタンクに入れる。
その水を電気で沸騰させタンク内で高温のまま保温。そしてノズルの先から小出しに蒸気を出して汚れを落としていく。

では実際にスチームクリーナー「K1201プラス」を使って、じゅうたんにこぼしてしまったソースのシミを落としてみよう。

画像
最初からこんなに豊富なパーツがついてくる 

1

これが「K1201プラス」の本体と標準付属品。
ヘッドと一体になったホース、フロアーブラシ、ハンドブラシ、ノズルヘッド、ブラシ(5コ)、延長パイプ、クロス、ハンドブラシ用カバーと、標準でついてくる付属品がとても豊富なのがうれしい。

さらにケルヒャーシリーズと言えば豊富なオプションパーツ。この「K1201プラス」にも、別売りのパーツを組み合わせて使うことができる。

画像
水は1.6リットルまで入る

2

まず、キャップを開けて本体のボイラータンクに水を入れる。タンクは1.6リットルの容量があるから、ごく一般的なやかん一杯分がまるまる入る。
ケルヒャーのスチームクリーナーが一貫してこだわっているのが、『安全性』だ。スチームクリーナーという性格上、熱〜い蒸気をたくさん使うわけなのでヤケド防止には気を使う。

画像
電源スイッチはココ
そこで「K1201プラス」ではバルブの内部がピストンになっていて、中が高温(145℃)に達するとキャップが空回りして開かないようになっている。小さな子供が誤ってキャップを開けてしまい、熱い蒸気やお湯が吹き出る・・・という心配がない。

このほかにも「本体のON/OFFスイッチ」と「ノズル手元のロック」の2重ロックなど、ケルヒャーの安全にかける手間はなかなか立派である。
画像
本体のランプが消えたら準備完了

3

水を入れてキャップを閉めたら、本体のスイッチを「ON」にする。
電気の力で水を沸騰させるまで約20分。

待っている間に、ここでちょっと蒸気に関するお話を。

「K1201プラス」は電源を入れている間、常に中のお湯を沸騰し続けている。お湯の沸騰といえば温度は100℃であるが、「K1201プラス」では圧力鍋と同様のしくみを利用して内部を145℃にキープしている。

それはなぜか?

スチームクリーナーでは中の温度が高いほど「質の良い蒸気」を生み出すことができる。質の良い蒸気=汚れを落とす能力のこと。つまり、蒸気が高温であるかどうかが、スチームクリーナーの性能を左右する。

145℃をキープした蒸気もノズルから出て外気に触れることで100℃になってしまうが、それでも温度が高いため効率よく汚れ落しができるというわけだ。

ちなみに、スチームクリーナー売場には「K1201プラス」のような大きなタンクをもつ「ボイラータイプ」のほかに、手軽な「ハンディタイプ」も並べられている。
ハンディ式は小柄なぶん、タンクの容量が小さく内部で高温を保つことができない。本体の中の熱した鉄板の上を、水が通過することで蒸気になるというしくみ で蒸気を出しているが、その時の温度は85℃くらいというから「ボイラー式」が性能で勝っていることがわかるだろう。

K1201プラスとハンディタイプの比較表
K1201プラスとハンディタイプの比較表
K1201プラスとハンディタイプの比較表
加熱タイプ ボイラー式
(中のタンクで常に沸騰している)
パネル式
(熱した鉄板の上に水を通す)
重量 5kg 1.7kg
噴出温度 約100℃ 約85〜90℃
手元でのスチーム操作 できる できない
水タンク容量 1.6リットル 0.5リットル
連続作業 約30分 約10分
タンクのキャップ ある一定の温度まで下がらないと開けることができない「安全バルブ」設計。
お湯が吹き出る心配なし。
スイッチを切ると水タンクが取り外せ、
キャップも開く。
空焚き防止センサー あり。
タンク内の水が減ってくると本体の空焚き防止用赤ランプが点灯し、警告。
自動的に加熱停止する空焚き防止センサーがついている。
なし
操作性 本体は床に置くので、手元は軽い。
ホースが2mなので高いところの作業も楽。
一見コンパクトで手軽そうだが重い本体を常に持ち続けるのは大変。高く持ち上げると腕が痛い。

(ケルヒャージャパン作成資料による)

  次のページへ
HowTo情報 一覧
スマホアプリ登場バナー