タイヤ交換の基礎知識

タイヤ交換で最も簡単にできるのが、この車載ジャッキを使う方法。

車載工具の「パンタグラフジャッキ」と「レンチ」を使い、
用意するのは「タイヤストッパー」だけ。

ドライバー全てが知っておきたい方法だ。
  「パンタグラフジャッキ」「レンチ」「タイヤストッパー」

いちばん簡単 車載ジャッキを使う方法 (写真 クリックで拡大)

1.
車を平坦な場所に停める。
下は砂利ではなくアスファルトやコンクリートなどしっかりしている場所を選ぼう。
サイドブレーキを必ずかけ、各ドアは閉めておく。

画像

タイヤストッパー2.
タイヤを外す時には、外すタイヤの対角線のタイヤにストッパーをかける。ストッパーは2個用意し、タイヤの前後に動かないようにセットする。

3.
ジャッキを所定の位置(ジャッキポイント)に当て、車を上げ始める。
ジャッキポイントは車の側面2ヶ所。写真のように切れ込みがある部分を見つけよう。
ポイント以外でジャッキアップするとボディーを曲げてしまうこともあるので要注意!

画像

4.
完全に上げてしまわずに、タイヤがある程度地面に接している状態で止めて、レンチを使ってナットを緩める。
手で回せるくらいのところまで来たらストップ。


画像

5.
タイヤのナットを緩める時は、下図のようにナットを対角線上に緩めよう。
1ヶ所のナットに力が集中してしまわないようにするためだ。
タイヤのナットを緩める順番

6.
タイヤを見ながら再びジャッキアップし、タイヤが地面から浮き上がったところでジャッキアップ完了。
無理に高い位置まで上げる必要はない。
交換するタイヤを高く持ち上げなくてすむ。

画像

7.
ジャッキアップしたボディーの下にタイヤを差し入れる。
万が一、ジャッキが外れてボディーが落ちた場合の安全対策だ。
入れる場所はジャッキのそばが良い。


画像

8.
手でナットを緩め、完全にタイヤを外す。
外した後にボルトが露出するが、この部分に潤滑油スプレー(KURE 5-56など)を塗っておきたい。サビていれば真ちゅうブラシで磨こう。ゴミや不純物を取り除くことでナットが円滑に入るようになる。
ナットをレンチで締めていく時に「ギギギッ」と音がする場合があるがあの音が出にくくなる。「音がするまで締めるのがよい」と思いがちだが、あの音はオイル切れで出ているのであって無理な締め付けは厳禁だ。


画像

9.
交換するタイヤを装着する。ナットの穴に入るように地面と垂直に入れ、ナットを対角線で2ヶ所仮に締める。
タイヤが斜めのままナットで締めていないか気を付けよう。


画像

10.
写真を見ると、中心に飛び出ている「ハブボルト」とホイールの中心の穴との間にスキマがあるように見える。
「これで固定されているの?」と不安に思うかもしれないが大丈夫。
タイヤは4ヶ所のボルトでしっかりと固定されている。
中心のハブボルトで支えているのではないので知っておきたい。



画像

11.
よく足でレンチを押して締めている光景を目にするが、これでは必要以上の締め付けになり、ボルトを壊してしまう場合がある。
手でレンチが回らなくなるまで締めれば十分だ。


画像

12.
あると便利なのが「クロスレンチ」
車載工具のタイヤレンチよりも格段に使い勝手がよい。
コメリホームセンターでは770円で販売中。


画像


   >> 次のページへ


■このページは以下のコーナーでも紹介しています
>> HowTo情報一覧
>> 暮らしの便利情報