防獣・防鳥用品特集

防獣・防鳥用品特集では、ホームセンター「コメリ」の通販サイトの取扱商品の中から、大切な収穫物を守る防獣・防鳥用品のおすすめ商品をご紹介しております。イノシシ、シカ、サル、鳥など被害に合わせて設置しましょう。電気柵の設置をご検討のお客様は、電気柵部材数シミュレーターで必要な部品をご確認ください。

電気柵を安全に使用するために

電気柵による感電事故防止のため、法令により以下の項目が定められています。

・人が容易に立ち入ることができる場所に電気柵を設置する場合、見やすい場所に適当な間隔で危険表示板を設置する必要があります。

・家庭用コンセントなど30ボルト以上の電源から電気を供給する場合、漏電遮断器(高速型)を設置する必要があります。


家庭用コンセント

安全に使用するため、以下の項目も遵守してください。

・取扱説明書を熟読し、使用方法をよく理解してから設置・使用する。

・電柵器の分解・改造は絶対に行わない。

・定期的に点検・整備を実施する。

ページTOP△