あったかこたつ特集

冬の代名詞といえばこたつ。寒い冬には欠かせない暖房用品の一つです。
コメリのあったかこたつ特集では、ダイニング用のこたつからリビング用のこたつはもちろん、一人用のこたつまで幅広いラインナップを取り揃えております。
幅広いこたつに合うこたつ布団も幅広いラインナップをご用意しておりますので、お部屋のコーディネートやイメージに合わせてお選びすることができます。

こたつのおすすめポイント

省エネ効果が高い

こたつのメリットはなんといっても省エネ効果が高いことです。エアコンやストーブで 体を暖めようとした場合、部屋全体を暖める必要があるので、使用するエネルギーの量が多くなってしまいます。 しかし、こたつは部屋全体を暖める必要がなく、狭いスペースのみを暖めることになるのでエネルギーの量を少なく抑えられるのです。そのため、省エネ効果が高く電気代の節約になります。

部屋を乾燥させない

こたつは部屋を乾燥させる心配がありません。エアコンやストーブは部屋の湿度を一気に下げてしまうので、部屋全体を乾燥させてしまいます。部屋が乾燥すると、肌荒れや喉の痛みが出やすくなります。こたつは、足元の空間のみを暖め流ので、部屋の乾燥を防ぐことにも効果的です。

手軽に手足を温められる

こたつは手軽に手足を温めることができます。スイッチ1つですぐに暖かくなるので、非常に手軽です。暖かくなる時間も早いので、すぐに体を温められます。手軽に手足を暖めることができるので、とくに冷え性で悩んでいる方にはおすすめです。

操作が簡単

こたつは操作が簡単です。石油ストーブやファンヒーターに比べて、スイッチ1つで電源を入れることができるので誰でも操作が行えます。また、石油ストーブのように燃料を足す必要もないので、小さいお子さんがいても安心して使い続けることができます。

こたつ本体・こたつ布団を選ぶ

こたつ用品を選ぶ

こたつの選び方

こたつ布団の選び方

寒さも本格的になり、こたつの季節がやってきました。
この季節になると、お客様からよくいただくお問い合わせが、「こたつ布団」についてです。
その中でも、「こたつ布団のサイズの選び方」についてのお問い合わせが多いようです。
そこで、今回は「失敗しない!こたつ布団の選び方」についてご紹介します。

こたつ布団はこたつのサイズ&形で選ぶ

こたつ布団を選ぶ時に一番大事なのはサイズです。
一概にこたつテーブルといっても、正方形長方形円形楕円形など、そのサイズや形は実に様々。
大きすぎると場所をとるし・・・、小さすぎて温まらない・・・、なんてこともチラホラ・・・。
テーブルにぴったり合う、こたつ布団を探すのは、実はとても難しいようです。そこでまずは、ご自宅のこたつテーブルのサイズと形を調べましょう。(これから買う人は、購入予定のこたつテーブルのサイズと形を調べましょう)
「せっかくこたつ布団を買ったのに、サイズ選びに失敗した・・・」なんてことの無いよう、まずはご自宅のこたつテーブルのサイズを正しく知る事で、失敗しないこたつ布団選びをしていきましょう。

そこで当店がおすすめするサイズは下記の通りになります。

こたつ布団 テーブルサイズ+110〜130cm

  • ぴったりサイズ:+110〜120cm
  • ゆったりサイズ:+120〜130cm

こたつ敷布団 テーブルサイズ+110〜130cm

  • ぴったりサイズ:+110〜120cm
  • ゆったりサイズ:+120〜130cm

例えば、こたつテーブルの幅80×奥行120cmの場合は、次のようになります。

  • こたつ布団は幅190〜210×奥行230〜250cm
    (ぴったりサイズ:幅190×奥行230cm/ゆったりサイズ:幅210×250cm)
  • こたつ敷布団は、幅190〜210×奥行230〜250cm
    (ぴったりサイズ:幅190×奥行230cm/ゆったりサイズ:幅210×250cm)

こたつ布団の種類で選ぶ

こたつ布団は1種類しかなさそうなんですが、実は厚いタイプだったり、薄いタイプだったりと数種類存在します。
種類別に特徴を紹介します。

厚いタイプ(厚掛こたつ布団)

定番のこたつ布団です。
一番の特徴は、やっぱり中綿がたっぷり詰まったボリューム感です。
販売している商品の中には、国内でひとつ一つ丁寧に綿入り加工しているこたつ布団もございます。
ボリューム感と弾力性があります。
さらに、中綿がたっぷり詰まっていますので、暖かい空気を外に逃さず、保温性にも優れています。
もうひとつの特徴は、サイズ展開の豊富さです。
こたつは、もともとたくさんの人が集まり、団欒する場所。
その為、小さなテーブルから、大きなテーブルまで、たくさんのサイズ展開があります。
そのサイズ展開に対応していますので、お探しのサイズがきっと見つかります。
一方、デメリットとしては、布団が厚いために洗いづらく、収納する際に場所をとってしまいます。

薄いタイプ(薄掛こたつ布団)

従来の厚いタイプと比べ、薄くて軽いため、取り扱いがしやすいのが一番の特徴です。
こたつにセットした時にも、布団がかさばらず、身動きがとりやすく、お部屋をスッキリした印象にしてくれます。
取扱いがしやすいので、一人暮らしのご家庭や、ワンルームなどでも人気のタイプです。
コンパクト設計ですので、洗濯機で洗えるこたつ布団もございます。
また、収納の際にも場所を取らないのもうれしいポイントです。

省スペースタイプ(省スペースこたつ布団)

どのこたつ布団よりも場所を取らない省スペースタイプ。
一番の特徴は、四隅に切り込みを入れることで、裾が広がらずにコンパクトにおさまる事です。
こたつの裾にひっかかって転びそうになることも、避けることができるかもしれません。
こたつがコンパクトになることで、お部屋を広く使えますので、一人暮らしのご家庭や、ワンルームなどでも人気のタイプになっています。
コンパクト設計ですので、洗濯機で洗えるものもたくさんあります。
また、収納の際にも場所をとらないのもうれしいポイントです。
従来の厚いタイプと比べ、薄くて軽いため、取り扱いがしやすいのが一番の特徴です。
こたつにセットした時にも、布団がかさばらず、身動きがとりやすく、お部屋をスッキリした印象にしてくれます。
取り扱いがしやすいので、一人暮らしのご家庭や、ワンルームなどでも人気のタイプです。
コンパクト設計ですので、洗濯機で洗えるものもたくさんあります。
また、収納の際にも場所をとらないのもうれしいポイントです。

ダイニングタイプ(ハイタイプこたつ布団)

ダイニングタイプのこたつに合わせるこたつ布団。
ダイニングテーブルと椅子とを組み合わせて使うタイプで、四隅(サイズによって真ん中部分も)に長い蛇腹状になってますので、椅子のまま入っても、すき間が出来にくく、暖かい空気を外に逃がしません。
また、サイドにはリモコン用のポケットも付いていますので、とても便利です。
現在では、ソファーに合わせた使い方や、立ち座りがつらくなってきたシニアの方々など、様々なライフスタイルの中で人気のタイプになっています。

HOWTO情報

こたつ関連商品

こたつ関連特集