花図鑑TOPに戻る

キャットニップ

キャットニップ

 

一般名  キャットニップ
商品名  キャットニップ
学名  Nepeta cataria
別名  イヌハッカ(犬薄荷)
科名  シソ科
原産地  ヨーロッパ、アジア西部
植物分類  多年草 (宿根草)、ハーブ・野菜類
常緑・落葉  常緑
草丈  40〜100cm
広がり  〜60cm
耐寒温度  -15 ℃
耐暑性  普通
耐雨性  普通
日照  屋外の日当たりの良い場所から半日陰
土質  水はけが良く、保水性のある土を好む
利用方法  花壇、鉢植、ハンギング類

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
鑑賞期                  
植付け期                    

ハーブの利用方法

薬用、芳香、ティー、染色、鑑賞

特徴及び栽培のポイント

薬効が高く、古代から親しまれてきたハーブです。茎葉は軟毛に覆われ、よく分枝して赤紫色の斑点のある白い細かい花を咲かせます。日当り、水はけの良い場所を好みます。葉を長く使用したい時は、花を咲かせないように花茎をこまめに摘み取りましょう。秋の播種や挿し木、株分けでふやすことができます。ハーブティーは発汗、解熱作用があり風邪や不眠、頭痛に効果があります。ただし、弱い通経作用があるため妊婦の使用は避けましょう。イチゴなどの周りに植えると鳥害を防いだり、アブラムシや甲虫の害を減らす役目がありますが、ネコに荒らされないよう対策を考えて植えましょう。