花図鑑TOPに戻る

コルツフット

コルツフット

 

一般名  コルツフット
商品名  コルツフット
学名  Tussilago farfara
別名  フキタンポポ(蕗蒲公英)、カントウ(款冬)
科名  キク科
原産地  ヨーロッパ、アジア西部・北部
植物分類  多年草 (宿根草)、ハーブ・野菜類
常緑・落葉  常緑
草丈  10〜30cm
広がり  20〜30cm
耐寒温度  -15 ℃
耐暑性  普通
耐雨性  普通
日照  屋外の日当たりの良い場所から半日陰
土質  水はけが良く、保水性のある土を好む
利用方法  花壇、鉢植

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
鑑賞期                  
植付け期                    

ハーブの利用方法

薬用、鑑賞

特徴及び栽培のポイント

根茎はほふく性でうろこ状の茎の先に花を咲かせます。つぼみは款冬花、葉は款冬葉という生薬で鎮咳や去痰薬として利用されます。日当りから半日陰の適度に湿った場所を好みます。乾燥しすぎないように注意しましょう。同じ所で栽培を続けると株が弱るため、4〜5年に一度は株分けして植え替えてやりましょう。2〜3月または10〜11月に行います。9〜10月の播種でもふやすことができます。生葉には殺菌作用があり、皮膚の炎症などに用いられます。乾燥葉やつぼみの浸出液は外傷や腫れ物に使用されます。ティーとして飲用すると気管支炎や利尿、強壮に効果がありますが、微量のアルカロイドが含まれるため多量の服用や常用は避けましょう。