花図鑑TOPに戻る

ソープワート

ソープワート

 

一般名  ソープワート
商品名  ソープワート
学名  Saponaria officinalis
別名  サボンソウ(サボン草)、バウンシングヘッド
科名  ナデシコ科
原産地  ヨーロッパ、アジア
植物分類  多年草 (宿根草)、ハーブ・野菜類
常緑・落葉  落葉
草丈  〜60cm
広がり  〜40cm
耐寒温度  -15 ℃
耐暑性  普通
耐雨性  普通
日照  屋外の日当たりの良い場所から半日陰
土質  水はけが良い土を好む
利用方法  花壇、鉢植

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
鑑賞期                  
植付け期                    

ハーブの利用方法

薬用、芳香、鑑賞

特徴及び栽培のポイント

学名のサポナリアはラテン語のSapo「石けん」に由来し、葉に含まれるサポニンのため汁液が泡立ちます。直立した赤緑色の茎の先に、芳香のある淡桃色の花を集まって咲かせます。根が良く広がり繁殖します。日当り、水はけの良い場所を好みます。特に土質は選びませんが、中性からアルカリ性の方がより良いでしょう。花後に刈り込むと再び開花を楽しめます。9〜10月の播種、または春か秋の株分けでふやすことができます。1〜2年ごとにランナーの整理を兼ねて株分けすると良いでしょう。