花図鑑TOPに戻る

ティートゥリー

ティートゥリー

 

一般名  ティートゥリー
商品名  ティートゥリー
学名  Melaleuca alternifolia
別名  コバノブラシノキ・メディカルティートゥリー
科名  フトモモ科
原産地  オーストラリア
植物分類  多年草 (宿根草)、ハーブ・野菜類
常緑・落葉  落葉
草丈  700〜1500cm
広がり 
耐寒温度 
耐暑性  普通
耐雨性  普通
日照  屋外の日当たりの良い場所から半日陰
土質  水はけが良く、保水性のある土を好む
利用方法  花壇、鉢植

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
鑑賞期              
植付け期                    

ハーブの利用方法

薬用、芳香、バス

特徴及び栽培のポイント

原産地オーストラリアではアボリジニーの人々が、葉を火傷、傷、皮膚病の治療に用いられてきました。高さ7〜15メートルにもなり3年目から春から夏にかけて乳白色の花を穂状花序につけます。湿り気のある中性からアルカリ性の土を好み、寒さと乾燥には弱く、高温多湿によく伸びるので肥料切れに注意します。挿し木は夏頃、種まきは4月頃、復土はしません。