カメの育て方

関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

カメの種類と特徴


イシガメ アカミミガメ
イシガメ
日本産ヌマガメ類。小魚、カエル、エビ、ミミズ、昆虫、水草等を食べます。ゼニガメはこのカメのこどもの時の呼び名です。
アカミミガメ
北アメリカ産ヌマガメ類。エサはイシガメと同じです。ミドリガメは本種やキバラガメのこどもの時の呼び名です。

基本的な世話のやり方

飼育セットの仕方

飼育セットの仕方
  • 水温が35度以上になるとカメの健康に良くありません。
    水を取り替えて下さい。
  • 水深はカメの甲羅の2〜3倍程度にして下さい。
  • 子ガメにはカメハウスかBOXを使うと便利です。

育て方

1. エサの量はカメの頭の約1.5倍位与えます。食べ残しは取り去ります。寒くなると冬眠するためエサの量は少し減らしてあげて下さい。(親ガメは2〜3日に1回、子ガメは1日1回エサを与えます。) カメの頭の1.5倍
2. カメは自分の体温を調節できません。日光に当てて体を温めてあげて下さい。(冬場の室内ではスポットライトで体を温めてやります。)食べ物を消化吸収し、カルシウムを作り出す原動力となります。直射日光には当てずに半分日陰を作ります。 半分日陰を作る
3. カメはエサを陸上よりも水中で食べることが多いので、
容器にエサ台等を作るのもよいでしょう。
エサ台
4. 夏場の水換えは毎日行なうこと。春・秋は2〜3日に1回程度。 水換え
5. カメは気温が15度以下になると活動しなくなり、11月〜3月頃まで冬眠します。容器に土を少し湿らせて容器いっぱいまで入れ、その上に落ち葉を2〜3cm入れてやります。(昆虫マットでも良い。)本体とフタの間にビニールを張って湿気が逃げないようにし、直射日光を避け、庭の日陰の寒い所(0〜10度)に置いてやります。 冬眠させる時
6. 冬場、家の中で冬眠させない時は、カメ専用オートヒーター(サーモ不要)を使用して水温を20度位にします。窓越しに日光を当ててあげるのも良いでしょう。エサに専用の栄養剤(ネクトンレップ)を混ぜて与えると健康に育てることができます。
※陸のかわりになる石を入れて下さい。
冬眠させない時

注意すること

  • カメの体に合った容器を選んで下さい。
  • カメの甲羅を押してブヨブヨした感じのする時はカルシウム・日光浴不足です。少し日光に当てるようにして下さい。(直射日光を当てる場合は半分日陰を作ります。)
  • 目がふくれていたり、白く膜がはっている、開いていない等の状態の時は、日光浴不足とビタミン不足が原因の場合があります。
  • 子ガメ(銭ガメ)はエサを食べ出すまでエサを柔らかくしたり、イトミミズやミミズ、ミルワーム、魚の身をピンセットに挟んで与えて餌づけをします。
HowTo情報 一覧
スマホアプリ登場バナー