オーダーメイドの収納リフォーム

印刷用PDF版ダウンロード

はじめに・・・

今まではそれほど不便を感じていなかった収納場所だけど、子どもが増え、何だか家の中に物が溢れ出してきて片付かないな…、なんて困っていることはありませんか?
ホームクリップ(HomeClip)から、そんなお悩みを持つご家庭へオーダーメイドの収納リフォームをご紹介します!

我が家に合った収納場所

画像子どもが生まれてから物が増え、整理する場所が必要に。
でも、現状の部屋のスペースを確保したいから家具は増やしたくないし、急な来客でもすぐに片付けができるような収納リフォームをお願いしたいのですが・・・。
この部分

リフォームの流れ

1. リフォーム会社へ無料見積りを請求。比較検討後、相談にのってくれた会社に打診。
2. 再度性格な見積もりを出してもらうため、寸法を測りに来てもらう。その後、図面と合わせて見積りを送ってもらう。
3. リフォームの内容が思ったとおりのものだったので注文。工事日程の詳細を相談後、決定。
MEMO
オーダーメイドのよさ 〜その1〜
「予算がどうしても合わない」
という時にはシステム家具はいかがでしょう?既製品のパーツを家のサイズに合わせてもらい、組み合わせていきます。こちらもオーダーメイドと変わらずに、住まいのデッドスペースを有効活用。置き家具を買ったけど家に合わなくて、という皆さんは、一度リフォーム会社に相談してみては?

工事風景

前もってきちんとした寸法を測り、用意をしてもらっていたので、リフォーム当日の工事は約2時間で終了。マンションなので大きな音や振動が心配でしたが、全くなく一安心。

1 2   3

まず、リビングが本当にすっきりしました!圧迫感は全然ありません。棚の中には、そばに置いてあるオーディオ用のビデオやDVD、CDなどを主に入れていますが、その他に郵便物、生協のオーダーシート、はさみなど、いつも外に出ていたものもしまっています。

今までは、つい対面キッチンの棚の上に置いてしまうので雑然としていたんですが、それもなくなり、家族もこの棚の中にしまうように。このようなちょこっとでリフォームができるなら、今後は家具を買う前に検討したいですね。今度は子供部屋に挑戦する予定!

ココがポイント!

壁の段差を利用して、その幅にピッタリ合わせた収納を注文しました。工事後、寸法どおり見事に収まって壁と一体化しており、違和感もありません。

リフォーム前 リフォーム後

最初は茶色の収納棚も検討して当ててみましたが、リフォーム会社の方に白がいいのではとアドバイスを頂きました。 さすがプロ!自然な仕上がりに大満足です!

MEMO
オーダーメイドのよさ 〜その2〜
「部屋のスペースを確保したい」 「たっぷり収納をしたい」
と思ったら、やっぱり造り付け家具が1番!部屋にあるデッドスペースを利用して壁面と一体化させるので、見た目はすっきり、もちろん収納力もバツグン!リビングとキッチンの両方から収納ができる間仕切り家具や、将来を考えた移動式・分離式家具などアイデアはさまざま。自分の住まいに合わせたオーダーメイドの基本です。

協力:
オーダーメイド型収納リフォームは、設置場所や素材などの種類によって金額が異なります。
ご希望、ご興味のある方はぜひHomeClipへお問い合わせください!
Home Clip株式会社HomeClip

HowTo情報 一覧
スマホアプリ登場バナー