木材でテーブルを作ろう!

今回はテーブルの作り方をご紹介。
お好みに合わせて天板のサイズや脚の長さを変えて、 オリジナルのテーブルを作ってみよう!

※掲載された情報または内容のご利用により、直接的、間接的を問わず、お客様または第三者が被った損害に対して、弊社は責任を負いません。あらかじめご了承願います。

関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

4.手順とワンポイント

天板(1枚目)の張る

1.

2枚の合板のそれぞれの辺の中間点に鉛筆でマーキングしておきます。
組み立てた脚の中間点にもマーキングをし、脚の真ん中に天板が来るようにします。

  画像
2. まんべんなく16ヵ所ぐらいにしっかり皿タッピングをとめて、天板と脚を固定します。
後で、2枚目の天板をのせるので、ここでとめたビスが見える事はありません。

画像
  画像

雑誌入れを作る

1.

下記のサイズに切った木材を用意します。
Gは2×4材を細長く真っ二つに切って、使います。

画像

  画像
2. 図のようにくっつけます。
これが、テーブルの下に付く雑誌入れになります。
C型クランプで固定して作業しましょう。

画像
  画像
3. テーブルを裏がえしにして、雑誌入れを図のようにビスでとめていきます。
  画像
画像

天板(2枚目)を張る

1. もう1枚の合板にボンドをたっぷり塗ります。 画像
2. ボンドを塗った合板の上に、組み立てたテーブルをさかさまに乗せます。
さらにそのまま皿タッピング(20mm)で打ち込みます。
20〜30本ぐらい使ってしっかりとめましょう。
合板の厚さは12mmなので、2枚で24mm。20mmの皿タッピングは突き抜けませんね。
画像
画像
3. 天板の捨て切りを行います。
ボンドがはみ出ていても、ここで一緒に切り捨ててしまいます。
画像

仕上げ

1. 穴があったら後で、パテで埋めます。
  画像 画像画像
2. サンダーで面を研磨します。 画像
3. 回転数を落として、天板の両面の面取りを行います。 画像
画像
4. 完成! 画像
画像
前のページへ

関連商品:

HowTo情報 一覧
スマホアプリ登場バナー