肥料の基礎知識

関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

コメリ産直

肥料について

肥料の種類やタイプは、多種多様。目的や場所に応じて、最適な肥料を選ぶことが大切です。植物が健全に生育するには、16の元素が必要であるといわれています。

1.チッ素(N)、リン酸(P)、カリ(K)は“肥料の三要素”

特に草花類の花着きや大きさはチッ素とリン酸の栄養バランスが大切です。

肥料の3要素

栄養素働き(効果)不足したら…
チッ素
(N)
葉、茎の生育を促進
植物を大きく育てる
葉色を濃くする
植物の成長不良
葉色がうすくなる
葉が小さくなる
リン酸
(P)
開花を促進
花数、実着きを良くする
根の伸長を促進
花が咲きにくくなる
実着きが悪くなる
根張りが悪くなる
カリ
(K)
茎、根を丈夫にする
暑さ、寒さに対する抵抗性の増加
病害虫に対する抵抗性の増加
茎や葉が柔らかくなり、弱くなる
暑さ、寒さに弱くなる
病害虫にかかりやすくなる

水や空気中の炭酸ガスから得る 酸素(O)、水素(H)、炭素(C)

「肥料の成分表示」

肥料の袋や箱に掲載されている「N:P:K=6:10:5」などの表示は、肥料成分量の割合を示す重量パーセント(%)で、数字が大きいほど、成分が多いことになります。
たとえば、チッ素(N)6%とは、肥料 100g中にチッ素成分が6g含まれていることを示しています。

2.元気に育つのに必要な“二次要素”

1.の次に必要な要素として、マグネシウム(葉の葉緑素の成分)カルシウム(細胞の強化)、イオウ(新陳代謝を促進)があり、“二次要素”といいます。

  次のページへ

関連ページ:

園芸館

菜園&ガーデン倶楽部
HowTo情報 一覧
スマホアプリ登場バナー