グリーンカーテンの作り方

関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

エコロジーの面からも注目されているグリーンカーテン。ご家庭で簡単に作れます!今年はグリーンカーテンを作って夏を乗り越えましょう!

グリーンカーテンとは?

つる性の植物を陽の当たる窓辺などで育て、室内の日差しをさえぎる言わば自カーテン。葉の水蒸気で室内温度が下げられ、快適に過ごすことができます。また、夏にかけてどんどん成長するので、つる性の野菜で作れば、収穫の喜び、食べる喜びも味わえます。

グリーンカーテンの特徴

夏季の太陽光の遮断や断熱が主な目的ですが、目隠しや植物観賞としてもおすすめです。また、のれんやブラインドと違い、外から日差しをカットすることができます。 生育観察、収穫などの目的から、キュウリゴーヤ、学校等ではアサガオが用いられています。

ゴーヤを育ててグリーンカーテンを作ろう!

食べて美味しい、見て楽しい、丈夫で作りやすいゴーヤのグリーンカーテンを作ってみましょう。

用意するもの

ゴーヤ苗(2品種)
プランター
グリーンカーテンの土
鉢底石
専用の肥料
支柱
ネット など

1 土作り


まず、野菜専用の深いプランターに鉢底石を敷き、よくならしておきます。

次に、別個の容器にてグリーンカーテン用の土に専用の肥料を加え、よく混ぜ込みます。(肥料は1回与えるだけで長期に収穫ができます。)最後に肥料を混ぜた土をプランターに入れます。根が張るのでたっぷりと入れましょう。

2 ゴーヤを植える


少し深めに掘り、ポットの土と同じくらいの高さに植え付けます。苗同士が近くなりすぎないよう、45〜50cm空けて2本植えます。

3 支柱立て


最初はネットに届きにくいので、苗の脇に支柱を立てます。この時、根をいためないようにしましょう。こうすることで、ツルが支柱にからまり、大きく伸びます。ビニールタイで輪を作り、緩めに苗と支柱とを結んであげれば倒れる事もなく安心です。

管理方法

本葉が5〜6枚になったら親ヅルの先をちぎります。
親ヅルの先端を止めることで、子ヅルがたくさん成長し、ツルの枝数が増えてカーテンの幅を広げる事ができます。子ヅルにも実が成りやすいです。
子ヅルが沢山出てきたら週に1回程度、方向を修正するときれいなカーテンになります。
肥料は月に2回、追肥として野菜専用肥料をあげましょう。
受粉後、実は15〜20日くらいで収穫できます。収穫は早めにおこなうと美味しい実が採れます。
ネットを有効活用しましょう。

関連ページ:

園芸館

菜園&ガーデン倶楽部
HowTo情報 一覧
スマホアプリ登場バナー