ワンちゃん猫ちゃんへの薬の飲ませ方

〜 上手に飲ませるコツを覚えましょう 〜

関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

予防のためや病気、ケガなど治療のために薬を飲ませたり、目薬をさしたりする機会がありますよね?
しかし、多くのワンちゃん猫ちゃんは薬を嫌がります。苦労されている方もたくさんいるのではないでしょうか。


薬を飲ませるには、上手に飲めるよう工夫をしてあげることが必要です。

《錠剤・カプセル》

1. 片手であごを押さえ、少し上に持ち上げるようにして口を開きます。

2. もう片方の手の親指と人差し指で錠剤をつまみ、舌のなるべく奥の方に入れて口を閉じて上を向かせます。

3. ノドを何回かなでて、ゴクッと飲み込む音が聞こえたらOKです。


パンやチーズ、ウェットタイプのフードなどにくるんで飲ませる方法もありますが、 この場合薬だけを吐き出してしまうということがよくあるので確実に飲んだかどうかを必ず確認しましょう。

《水薬・シロップ》

1.口を閉じたまま顔を上に向けます。

2.口角のたるんだ部分をめくり、ワンちゃんの歯の後ろのすき間からスポイトや注射器などを使って口の中へ流し込みます。

3.しばらく口を軽く押さえて開かないようにし、飲み込んだことを確認しましょう。

《粉薬》

1.口を閉じさせてほっぺたを外側に引っ張ります。

2.□の中の、歯とほっぺたの間に粉剤を入れます。

3.ほっぺたを外側からもんで粉剤を唾液と混ぜ合わせます。


チーズやピーナツバターなどに練り込んで飲ませたり、ヨーグルトに溶かして舐めさせます。
また、水に溶かして水薬・シロップと同じように飲ませる方法もあります。

《目薬》

1.頭を上に向け片方の手で鼻先を固定します。

2.点眼器が視界に入らないよう頭の後ろから持っていきます。

もう片方の手で上まぶたを引っ張って、目をパッチリ開けさせ滴下します。

その時、嫌がって動いて点眼器の先が目に触れ、眼球を傷つけてしまわないよう注意しましょう。

3.あふれた点眼薬は、目を閉じさせ清潔な布でそっとふき取りましょう。

【薬の飲ませ方ポイント】

・長引いて不快感を与えない

・優しく声をかけながら素早く飲ませる


もし、うまく薬を飲ませることができない場合は、無理矢理押さえつけるのではなく必ず獣医さんに相談して下さい。


情報提供:ドギーマンハヤシ株式会社

HowTo情報 一覧
スマホアプリ登場バナー