コメリ リフォーム

TOP > HowTo情報 >蛇口の水漏れの直し方

蛇口の水漏れの直し方

関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

動画を見る

はじめに・・・

確かに蛇口を閉めたはずなのに、どこからともなく聞こえる、水の滴る音。ほんの少しずつ漏れていても、一晩でかなりの水量になります。水道代も勿体ない!
今回のDIYは、水漏れ修理を紹介します。

水漏れは、場所によって修理する箇所が違いますので、これを機会に、覚えておくと、いざという時に役立ちます。

注意!作業の前に

作業を始める前に、必ず止水栓を閉め、水を止めましょう。閉めるのを忘れて作業を行うと、床一面、水浸しになってしまいます。
止水栓の位置は、大抵屋外にありますが、家庭によって場所が違いますので、予め確認をしましょう。
一般家庭の水道の径は、JIS規格で決まっており、13(1/2)mmと20(3/4)mmがあります。ご家庭の水道の径の大きさを確認してから、部品を購入しましょう。

交換の手順 (症状別)

図

症状1:パイプ部から水が漏れている

この場合は、パイプ内のパッキンの劣化が原因です。
写真 1. パイプを外します。
写真 2. 中にパッキンが入っていますので、これを交換します。

パッキンは必ず本体内に入れて取り付けて下さい。パイプ側に付けて入れると、せっかく交換したパッキンが壊れてしまいます。パイプを取り付けて終了です。
図

症状2:蛇口を閉めても水が止まらない

この場合は、蛇口内のコマの劣化が原因です。交換しましょう。
写真 1. 蛇口を外します。
レンチで、蛇口を外します。ひねるだけですので、簡単です。
写真 2. 中のコマを取り出し、交換します。
蛇口を外すと、中にコマが入っています。これを取り出して交換します。新しいコマは、蛇口の中にポトンと落とすだけでOKです。蛇口を元に戻して終了です。
図

症状3:蛇口の上部から水が漏れる

この場合は、蛇口内にあるスピンドルのパッキンの劣化が原因です。症状2と同じ手順で蛇口を外し、交換しましょう。
写真 1. 先程と同じ手順で、蛇口を外します。
蛇口の下に付いているのが、スピンドルです。この中のパッキンが劣化しています。
写真 2. パッキンを交換します。
蛇口上部のネジを外すと(写真上)、このように分解されます。左から2番目、3番目の部品を交換します。(写真左)元の様に取り付けて終了です。
HowTo情報 一覧

ページTOP△