コメリ リフォーム

TOP > HowTo情報 >屋根の塗り方

屋根の塗り方

酸性雨や紫外線から家を守ってくれている屋根。
メンテナンスをして長持ちさせましょう。

関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

トタン屋根


1. 屋根に付いたゴミやサビ・苔などをデッキブラシや高圧洗浄機を使ってキレイに落とします。


2. トタンの継ぎ目が外れ隙間があいていたり、釘の穴が開いている箇所にはコーキング材(塗装可能なもの)で埋めてください。そのまま作業をすると雨漏りの原因となる場合があります。


3. 屋根が乾いているのを確認し、刷毛を使って塗りにくい切妻や軒先から塗っていきます。


4. 広い面は大きい刷毛やローラーで一気に塗ります。右の画のような順番で塗ると、塗った上を通らずに作業を終えることができます。

瓦屋根


1. 屋根に付いたゴミやサビ・苔などをデッキブラシや高圧洗浄機を使ってキレイに落とします。表面にツヤがある箇所はサンドペーパーなどで表面を荒らしてから塗装してください。


2. 塗る前に必ず「油性の下塗りシーラー」を塗っておきます。夏は約1時間、冬は約2〜3時間乾かしてから塗装に入ってください。


3. 「油性の下塗りシーラー」が乾いていることを確認し、瓦の継ぎ目など塗りにくいところから開始します。トタン屋根同様、降りる位置から遠い箇所から塗っていきます。

注意

・作業の際には安全ベルトを着用し、滑りにくい靴で行ってください。
・1日で塗り終える場合は天気の良い日を選び、午後3時頃までに仕上がるようにしてください。
・使用した刷毛やローラーは丁寧に洗い、陰干ししてください。

HowTo情報 一覧

ページTOP△