ペチュニア

ペチュニア
一般名 ペチュニア
商品名 ペチュニア
学名 Petunia hybrida
別名 ツクバネアサガオ(衝羽根朝顔)
科名 ナス科
原産地 アルゼンチン
植物分類 1・2年草
常緑・落葉 常緑
草丈 20〜30 cm
広がり 20〜45 cm
耐寒温度 0 ℃
耐暑性 普通
耐雨性 弱い
日照 屋外の日当たりの良い場所から半日陰
土質 水はけが良く、保水性のある土を好む 
利用方法 花壇、鉢植、ハンギング類

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
鑑賞期          
植付け期              

特徴及び栽培のポイント

花弁が白く縁どられるピコティ咲きや縞の入るパラソル咲き、八重咲きなど変化に富んでいます。4〜7月に播種します。日当り、水はけの良い場所を好み高湿度を嫌います。多雨時はカビが発生しやすいのでこまめに花がらを摘み、ナメクジやヨトウムシにも注意しましょう。潅水は少なめに肥料は多めにやると良いでしょう。改良種のサフィニアは雨に強く、花径2cm程のミリオンベルなど新品種も出てきています。