ホップ

ホップ
一般名 ホップ
商品名 ホップ
学名 Humulus lupulus
別名 セイヨウカラハナソウ
科名 クワ科
原産地 北半球の温帯
植物分類 多年草 (宿根草)、ハーブ・野菜類
常緑・落葉 常緑
草丈 600〜800cm
広がり 100〜cm
耐寒温度 -10 ℃
耐暑性 普通
耐雨性 普通
日照 屋外の日当たりの良い場所から半日陰
土質 水はけが良く、保水性のある土を好む
利用方法 花壇

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
鑑賞期                  
植付け期                    

ハーブの利用方法

料理、薬用、芳香、バス、ティー、染色、鑑賞

特徴及び栽培のポイント

古代エジプト時代から薬用にされましたがビールの苦味と香り付けで有名です。雌雄異株で蔓状で6〜8メートルになります。冷涼で日当たり良く湿り気のある茂みを好みます。秋か春の種まき、株分け(秋)、挿し木で増やします。若芽をバターで炒めたり雌株をティーなどにして飲みます。不眠には生の方が良い。ハーブピローにも良く、乾燥花は新しい物を使用すると良いでしょう。