フレンチタラゴン

フレンチタラゴン
一般名 フレンチタラゴン
商品名 フレンチタラゴン
学名 Artemisia dracunculs
別名 エストラゴン
科名 キク科
原産地 南ヨーロッパ
植物分類 多年草 (宿根草)、ハーブ・野菜類
常緑・落葉 常緑
草丈 50〜100cm
広がり 30〜60cm
耐寒温度 -10 ℃
耐暑性 普通
耐雨性 普通
日照 屋外の日当たりの良い場所から半日陰
土質 水はけが良い土を好む
利用方法 花壇、鉢植

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
鑑賞期                  
植付け期                    

ハーブの利用方法

料理、薬用、芳香、鑑賞

特徴及び栽培のポイント

おなじみのヨモギに近い仲間です。フランス名はエストラゴンです。エスカルゴ料理にはかかせません。茎は直立し白い小花の円錐花序をまれに咲かせます。種子をつけないので春に挿し木で増やします。夏の蒸れに弱いので半日陰に移すと良い。栽培が簡単で種まきで増やせるロシアンタラゴンが代替として利用されますが風味が落ちます。利用方法はほぼ同様ですが妊婦は薬用にしてはいけません。