コモンマロウ

コモンマロウ
一般名 コモンマロウ
商品名 コモンマロウ
学名 Malva sylvestris
別名 ウスベニアオイ(薄紅葵)、マローブルー
科名 アオイ科
原産地 ヨーロッパ
植物分類 多年草 (宿根草)、ハーブ・野菜類
常緑・落葉 常緑
草丈 40〜150cm
広がり 50〜90cm
耐寒温度 -15 ℃
耐暑性 普通
耐雨性 普通
日照 屋外の日当たりの良い場所から半日陰
土質 水はけが良い土を好む
利用方法 花壇、鉢植

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
鑑賞期                
植付け期              

ハーブの利用方法

薬用、バス、ティー、生食、鑑賞

特徴及び栽培のポイント

古くから薬用や食用、鑑賞用植物として栽培されてきました。学名のマルバはギリシャ語で「柔らかい」の意味に由来しており、丸いハート型の葉をつけて良く分枝した枝に、透きとおる花びらの5弁花を次々と咲かせます。日当り、水はけの良い場所を好みます。丈夫で大きく育ちますが、数年植え放しにしておくと株、花ともに小さくなるので、毎年剪定をして株を若返らせると良いでしょう。3〜4月の株分けや挿し芽でふやすことができます。こぼれ種でも良くふえますが、花の色がだんだん薄くなることがあります。