メドゥスィート

メドゥスィート
一般名 メドゥスィート
商品名 メドゥスィート
学名 Filipendura ulmaria
別名 セイヨウナツユキソウ
科名 バラ科
原産地 ヨーロッパ・アジア
植物分類 多年草 (宿根草)、ハーブ・野菜類
常緑・落葉 常緑
草丈 50〜120cm
広がり 〜45cm
耐寒温度 -10 ℃
耐暑性 弱い
耐雨性 普通
日照 屋外の半日陰
土質 水はけが良く、保水性のある土を好む
利用方法 花壇、鉢植

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
鑑賞期                  
植付け期                

ハーブの利用方法

薬用、芳香、ティー、染色

特徴及び栽培のポイント

アスピリンの原料となるサリチル酸が初めて分離された植物として知られます。直立した茎は赤みを帯び、クリームから白色の小花を集散花序につけます。半日陰で湿った肥沃な土地を好みます。春、秋の種まき、株分けで増やします。冷涼地向けのハーブです。生又はドライのティーは風邪やリューマチの痛みに効果があり、花を水に浸した物は洗顔に利用します。