センニチコウ

センニチコウ
一般名 センニチコウ
商品名 センニチコウ
学名 Gomphrena globosa
別名 <千日紅>センニチソウ(千日草)
科名 ヒユ科
原産地 南アジア、熱帯アメリカ
植物分類 1・2年草、ハーブ・野菜類
常緑・落葉 落葉
草丈 15〜50cm
広がり 20〜30cm
耐寒温度 0 ℃
耐暑性 普通
耐雨性 普通
日照 屋外の日当たりの良い場所から半日陰
土質 水はけが良く、保水性のある土を好む
利用方法 花壇、鉢植

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
鑑賞期              
植付け期                    

ハーブの利用方法

芳香、鑑賞

特徴及び栽培のポイント

ドライフラワーにしても長く色あせないのでこの名が付きます。花に見える部分は苞で実際の花はとても小さいです。日当り、水はけの良い場所を好みます。4〜5月に播種します。種は苞片に包まれているので、砂と共に手ですり合わせるようにしてから播きます。発芽までは乾燥しないようにこまめに水やりしましょう。幼苗はヨトウムシが出やすいので注意します。多肥は避けましょう。