スペアミント

スペアミント
一般名 スペアミント
商品名 スペアミント
学名 Mentha spicata
別名 ミドリハッカ(緑薄荷)、グリーンミント
科名 シソ科
原産地 ヨーロッパ、地中海沿岸
植物分類 多年草 (宿根草)、ハーブ・野菜類
常緑・落葉 落葉
草丈 50〜100cm
広がり 30〜100cm
耐寒温度 -15 ℃
耐暑性 普通
耐雨性 普通
日照 屋外の日当たりの良い場所から半日陰
土質 水はけが良く、保水性のある土を好む
利用方法 花壇、鉢植

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
鑑賞期                    
植付け期              

ハーブの利用方法

料理、薬用、芳香、バス、ティー、生食、染色、鑑賞

特徴及び栽培のポイント

甘さを含んだ香りにはさわやかな清涼感があり、お菓子や飲料などに幅広く利用されています。ペパーミントよりも香りは穏やかです。葉脈の目立つ葉は明るい緑色の卵型で、夏の終わりに白または淡紫色の細かい花を穂状に咲かせます。日なたの方が繁殖旺盛ですが、丈夫なので日陰でも育ち、地下茎でどんどんふえます。株分けを兼ねて2〜3年ごとに植え替えしてやりましょう。播種は春または秋に行いますが、挿し木で簡単にふやすことができます。臭みを消す効果があるので、マトンやラムなどくせのある肉料理のソースとして活躍します。ハーブティーにする場合は、ドライより生葉を利用した方が飲みやすいでしょう。