ペンキの塗り方

1.ペンキ塗りについて

春は天気がよく、ペンキ塗りには絶好のチャンスです。
この機会に、気になっていたところをペインティングしてみませんか。
今回は、ペイントの基礎知識、作業手順などをご紹介します。


2.ペイントする前の下準備

ペイントするのは、良く晴れた日の午前中がベストです。
ペンキが乾きにくい雨の日や湿気の多い日、気温が低い日は避けましょう。

ペイントをする前に塗る部分の状態を整えます。
サビ落としやカビ取りはもちろんのこと、手垢やごみもきれいに拭き取ります。
そして、乾燥させておきます。

ペンキが付いては困る部分はマスキングテープや布コロナマスカー、紙ポリクイック、新聞紙等で覆います。

3.ペンキ選び(油性と水性)

ペンキの種類

ペンキには、塗る素材、塗る場所などに応じた種類があります。

ペンキは薄め液の違いによって、図1のように油性と水性に分かれ、また、図2のような特徴があります。
薄め液はペンキを薄めたり、ハケなどの用品の洗浄に使います。


図1.ペンキの分類、<>内は薄め液の種類

図2.油性と水性の特徴

ペンキのタイプ

用途によって、多用途タイプと専門特化型に分かれています。

多用途タイプはほとんどの場所で使えます。
専門特化型はトタン用・お風呂場用等と使用場所が特定されており、その場所に最適な成分が配合されています。


4.きれいに塗る3つのコツ

ペンキは、フタを開ける前に缶をよく振り、フタを開けてからもよくかき混ぜます。
また、ペンキを付けすぎると塗りにくくなります。ハケやローラーにペンキを付けすぎないように、よくしごいてから使います。
きれいに塗るためには、一定方向へ一定のペースでゆっくり塗っていきます。また、厚塗りは乾燥不良や塗膜の縮みの原因になります。
スプレーペイントは、ハケや受け皿などの道具が不要で、初心者の方でも手軽に、薄くきれいに仕上げることができます。
特に、壁や板など平面を塗る際に適しています。

コツ1

隅やコーナーなどの塗りにくい場所から塗りはじめます。


コツ2

高い場所を塗るときには、コテバケやローラーに継ぎ柄をつけると楽に塗れます。


コツ3

ペンキは上から下へ、左から右へというように一定方向へ塗っていきます。


※注意

屋内でペイントをするときは、換気に注意しましょう。
風通しをよくしておくと、匂いがこもらず、塗料も早く乾きます。


5.ペイント終了後の後始末

塗膜が乾かないうちに、マスキングテープをはがしましょう。
ハケやローラーに付いたペンキは、そのペンキの薄め液で洗います。きれいに洗ったあとは、さらに台所用洗剤で洗い、陰干ししておきます。

使いかけのペンキは、缶を密閉して、ガレージや物置などの暗い場所で保存します。
缶を開けなければ五〜六年持ちますが、開けてしまうと、家庭用で一〜二年、業務用は半年〜一年くらいが使用期限です。
ただし、水で薄めた水性のペンキは、水が腐るので、半年ほどしか持ちません。