ストーブ芯の交換方法


初体験のスタッフでも
すぐにできた!

石油ストーブの芯を交換する一般的な方法です。
古いものを使用すると点火しづらかったり、変な臭いがしたりすることもあり、熱効率も悪くなります。
早めに交換しましょう。

交換に関しては、自己責任でお願いします。



1.ストーブ芯の交換に用意するもの

替え芯
ペンチ
プラスドライバー
スパナ(8mm)

(あると便利)
マイナスドライバー


2.ストーブ芯の交換方法


1.ストーブの燃焼筒、タンク、つまみを本体から取り出します。



2.中身を取り出すので、本体下部のネジ(4本)を外していきます。



3.その時、ネジを無くさないようにつまみを皿がわりにして工夫しました。



4.本体キャビネットを前方に傾け、そっとあげます。



5.中身と分離しました。



6.芯案内筒の根っこ部分のネジを緩め、案内筒リングを取り外します。



7.芯案内筒のボルトをスパナで緩めていきます。
※芯案内筒のパッキンが劣化していたら、そんなに高くないので取り替えましょう。



8.マイナスドライバーをすき間に入れて、芯案内筒を取り外します。



9.汚れた芯が見えました。



10.ペンチ等を使い、スピンドルを少し引くと筒が抜けます。
※筒の抜き出し方については、それぞれ芯に同梱の説明書に従ってください



11.新品(右側)と比べると、こんなに汚れていました!



12.新しい芯を芯押さえに入れます。



13.芯押えと芯の線を合わせ、シワが出ないように均一になじませます。
※芯押さえのつめに、芯を十分にくい込ませてください。



14.ペンチを使い、芯案内筒をはめます。



15.1度芯を上にあげて、毛並をそろえてあげましょう。
※芯の先端をそろえる時、決してはさみ等で切ってはいけません。



16.きっちりと閉めたら、案内筒リングをはめ込みます。



17.ネジを間違えないようにして、元通りになおしていきます。



18.修理完了!


協力:株式会社 コロナ
関連情報: 関連商品: