庭木・果樹の基本

1.生垣のもたらす効果

生け垣の基本的な作り方(四つ目垣)をご紹介します。生け垣は、敷地の周囲をめぐらせ、外からの目隠しや防風の目的だけでなく、緑や花の美しさを鑑賞でき、庭にうるおいをもたらしてくれます。


2.生垣の作り方



MEMO

生け垣によく用いられる種類ベニカナメモチ、ドウダンツツジ、ツゲ、マサキ、カイズカイブキなど。地方の風土にあった生け垣は様々で、種類は豊富です。


3.庭木の植え方

1.植え穴は根鉢の3倍ほどの大きさに掘り、堆肥を入れておきましょう。その後、堆肥の上に掘り上げた土をかぶせます。


2.土を植え穴にすべて戻していきます。後で支柱で固定することを考え、真っ直ぐ植えましょう。少しずつ水を入れながら棒などでつついて、株を落ち着かせます。


3. 木が動かないように支柱をします。周りに土を盛り上げ、水鉢を作り、水やりした水が逃げないようにします(支柱は3本以上必要です)。※水はけの悪い土地では、高植えをして下さい。


4.果樹の植え方

庭植え


準備

・裸株で根が乾き気味の場合は半日ほど水につけます。
・接木のテープは取り除きます。

植え穴は根を広げて植えられる大きさに掘ります。深さは接ぎ木部分が地上に出るくらいです。
植え穴の底に堆肥を入れ、掘り下げた土をもどし、化成肥料を根にふれないように穴の周囲に20〜30g施し、さらに土をもどします。
周りに土を盛り上げ、水鉢を作り水を与えます。

※ブルーベリーは酸性を好むので、植え付け前に土に堆肥や無調整のピートモスを混ぜ、植え付け後、ピートモスでマルチをしておくと良いでしょう。


鉢植え

庭植えの場合は左図のようにします。


関連ページ:
園芸館 菜園&ガーデン倶楽部