土の基礎知識

1.良い土の8つの条件

(1)水はけが良いこと(排水性)

水はけが悪いと根の張りが悪くなり、環境の変化に弱くなり、根腐れの原因にもなります。


(2)新鮮な空気が含まれていること(通気性)

土の中に新鮮な空気が不足すると、根が酸素欠乏を起こし、水や栄養分の吸収が悪くなります。


(3)水持ちが良いこと(保水性)

水を与えてすぐに乾くような土は植物がしおれやすくなるため、適度に水を蓄えておく力が必要です。


(4)肥料持ちが良いこと(保肥性)

与えた肥料が雨や水やりですぐに流されないように、土に保持させる力が必要です。


(5)有機物が含まれていること

腐葉土などの有機物が含まれていると有用微生物を活性化し、(1)〜(4)の働きを助けます。


(6)清潔な土であること

雑草のタネや病害虫が混ざった土は、生育不良や病気が発生する原因になります。


(7)適当な重さがあること

軽い土は水やりで動きやすくなり、根張りも悪くなり、背の高い植物は倒れやすくなります。


(8)土の酸度が適正であること

酸性やアルカリ性の土に植えつけると生育が悪くなります。


2.ガーデニング・ミニ知識

赤玉土6、腐葉土4の配合土をつくる場合

pH(酸度)とは、土の化学性を示す数値で、小学校の時に学んだようにリトマス試験紙などで調べた酸性・中性・アルカリ性を示すものです。中性が7で、それ以下の数値が酸性、それ以上の数値がアルカリ性となります。土のpHは、植物の生育とたいへん深い関係があります。

一般に植物の生育には弱酸性(pH5.5〜6.5)が適すると言われていますが、たとえば、アジサイの花の色は、青色のアジサイは酸性、ピンク色のアジサイはアルカリ性の土で、より鮮やかに美しく咲きます。ブロック塀のそばは、アルカリ性の土になりやすいため、ピンク色のアジサイが適します。


また、サツキ、アザレア、ブルーベリーなどは酸性の土が適し、アルカリ性の土では葉色などが悪くなり、健全に生育しません。測定には「土壌酸度(pH)測定液」、または「土壌酸度計」を使用すると便利です。

土壌酸度(pH)測定液
土壌酸度計


3.関連商品
(アースチェック5mlと土壌酸度計)

(商品画像、商品名をクリックすると商品詳細ページがご覧いただけます。)


商品画像
アースチェック(酸度測定液)5ml アースチェック(酸度測定液)5ml
一目で判る土壌酸度(pH)測定液。測定範囲:pH4.0〜8.5
土壌酸度計 土壌酸度計
電池不要で操作カンタン。測定はわずか1分間土壌に差し込むだけ。

関連ページ:
園芸館 菜園&ガーデン倶楽部