サクランボの育て方

MEMO

サクランボ・・・バラ科サクラ属
原産地イラン北部とヨーロッパ西部

1.サクランボの品種と栽培方法

品種

品種 成熟期 特徴 受粉樹
佐藤錦 6月上旬後半〜6月中旬 糖度が高く美しく、最高の品質です 高砂
ナポレオン
ナポレオン 6月下旬〜7月前半 果肉は硬く芳香に富み、多肉多汁の豊産性の品種 高砂
高砂 6月上旬後半〜6月中旬 果肉は軟かく豊産性です ナポレオン
暖地桜桃 6月上旬 暖地でも作り易い品種です 自家結実性あり

※サクランボは、リンゴより寒さに弱いですが寒冷地を好み、暖地では落下しやすく作りにくいようです。
年平均気温が7℃以上14℃以下の所に向きます(リンゴは6℃以上14℃以下です)。暖地には上記の暖地桜桃が向いています。関東以西の平野部及び始めての方、鉢植えの方にもおすすめです。


受粉

サクランボは同じ品種の花粉を受粉しても受精せず、品種の組み合わせにより相性が悪くて受精できないので注意。上記の表の品種を組み合わせましょう。


雨よけ

サクランボは果実の成熟期が梅雨と重なるため、果実が水分を吸収しすぎ、急速に肥大し、果実が裂けてしまいます。庭植えは収穫期だけ右図のようにビニールで雨よけをするとよいでしょう。また鉢植えは成熟期は軒下に置いて雨を防ぎます。


2.サクランボの管理方法

剪定

サクラと同様に枝の切り口が枯れ込みやすいので、無駄な剪定は避けた方がよいです。剪定が必要な場合、太い枝は切らないで、できるだけ新しい枝の部分を切ります。


肥料

庭植えは化成肥料(10.6-8)を1〜2月と収穫後にお礼肥として施し、鉢植えは12月に固型醗酵油粕を施します。


3.サクランボの病害虫と対策

病気

1.灰星病:開花前に雨が多いと発病しやすいです。

「症状」
花が淡褐色に枯れたり、果実にも感染し小さな点々が発生し、やがて白い粉をまぶしたようなカビが発生します。


「対策」
【予防】被害実を早く取り除き、被害枝は剪定した後、焼却等の処分をします。
【治療】発生したら、トップジンM水和剤やベンレート水和剤を散布します。


害虫

1.ウメシロカイガラムシ

幼虫は暖地では年3回発生し、寒冷地では5〜6月と8月の2回程発生します。


「症状」
小枝や幹に白い小さなカイガラムシが発生し、樹液を吸うため、枝枯れを起こしたり、生育が悪くなります。


「対策」
【予防】休眠期の12〜2月に石灰硫黄合剤の散布が有効です。
【駆除】幼虫のふ化直後に、スミチオンやオルトランを散布すると有効です。


2.コスカシバ:5月中〜下旬と8月下旬〜9月上旬の2回、成虫が発生します。

「症状」
幹に乳白色の幼虫が入り、内部を食い荒らし、樹勢が衰え、枯れることもあります。食入部より虫の糞とともにヤニを吹き出していることがあります。


「対策」
【予防】成虫が交尾するのを妨げる薬剤を、成虫の発生する前に塗布します。
【駆除】被害部から出る虫の糞やヤニを見つけたら、ナイフで樹皮を少し削り、幼虫を捕殺します。あるいは5〜6月に被害部にスプラサイド水和剤を塗布します。


※容器ラベルの使用基準・作物名に「おうとう」が記載されている製品を使用して下さい。
※農薬はラベル等に記載されている使用基準に従い、適用のある作物に使用して下さい。


関連ページ:
園芸館 菜園&ガーデン倶楽部菜園カレンダー