ガーデンプラスハウスの組み立て方

※掲載された情報または内容のご利用により、直接的、間接的を問わず、お客様または第三者が被った損害に対して、弊社は責任を負いません。あらかじめご了承願います。

1.ガーデンプラスハウスとは…


ガーデンプラスハウスは、画期的なパネル構造を持つ家庭菜園用ミニハウスです。左図の様に6枚のパネルを組み合わせる事で簡単に本格的な菜園ミニハウスができます。大きなドアで、出入りもらくらく!


ポイント1 防虫ネット標準装備

ハウス側面には防虫ネットが標準で装備されていますので、季節により換気も可能です。


ポイント2 アンカープレート方式

独自のアンカープレート方式で万全!強風にも安心です。


ポイント3 オキペット方式

被膜の張り方も、プロの農家で使われているオキペット方式です。簡単に張り替えもできます。


2.ガーデンプラスハウスの組み立て方

組み立てに必要なもの

3m程度のメジャー、マジック、はさみ、プライヤー、プラスドライバー、レンチ、ハンマー、スコップ、軍手、脚立


この他にあると便利な道具として

水準器(垂直・水平の確認)、レーキ(整地用として)など


1.組立の準備をしましょう。

部材・部品の確認をします。


2.設置場所をきめましょう

ガーデンプラスハウスの外寸は間口1.8m奥行き2.5m高さ2.3mです。建物や塀などからは最低でも50cm以上離れるように設置してください。更に正面(ドアを取り付ける面)はドアの開閉の邪魔にならないように1m以上離してください。


3.パネルを組み立てましょう

パイプで枠を組み屋根面、壁面、それぞれのパネルを連結しハウスの形を組み立てます。


4.アンカープレートを取り付けます その1

アンカープレートを取り付ける場所にアンカープレートが入る大きさの穴を掘り、叩き入れハウスの側面パイプに固定します。


4.アンカープレートを取り付けます その2

アンカープレートは必ず取り付けてください。アンカープレートを取り付ける事により、ハウスの風被害や不等沈下を防ぎ、補強になります。


5.被覆材を展張しましょう

ガーデンプラスに付属している被覆材は農業用ポリオレフィンフィルムです。塩化ビニールに比べて、環境負荷の少ないフィルムです。


6.防虫ネットを展張します

ネット、フィルムはオキペット(ビニペット)と被覆スプリングで簡単に作業ができます。


7.ハウス周囲のフィルムを展張します

ドアの開口部端の縦桟を起点にして側面用フィルムを展張します。一人がフィルムをオキペットに合わせながら、もう一人の方がスプリングを挿入すると楽にできます。


8.ハウス屋根部のフィルムを展張します

ツマ面側にシワが生じますが、ハウス内に水が入らない様に内側に折込処理をします。ハウス下部の余ったフィルムはハウス脇に溝を掘り込んで埋めます。防虫ネット部分は季節・用途によりフィルムを切り取りご使用ください。


ドア取っ手を付けて完成です。


商品情報:
ガーデンプラスハウス

関連ページ:
園芸館 菜園&ガーデン倶楽部