なめこの作り方

1.なめこの原木の作り方

樹種

最適樹:ブナ・トチ・サクラ・クルミ・イタヤなど。


適樹:ホウ・シデ・ナラ・カシ・エノキ・カエデ・ヤナギ・クワなど。
その他、ほとんどの広葉樹に発生するが収量や品質に差がある。


伐採

時期:

半紅葉期から、新芽が出るころまでに伐採する。


太さ:

5cm位から、60cm位のもの。


玉切り

(栽培に適した長さに切りそろえること。標準は90cm)


・水分の多い木(ヤナギ・ポプラなど)は、10日くらい葉干し(枝干し)してから玉切りする。
・長さは、25cm〜1m位に玉切る。
・玉切りしたら、あまり乾かさないうちに植菌する。


2.なめこの植菌方法

時期

・原木は乾きすぎないうちに植菌する。
・10月から5月頃まで。(桜の花が咲く頃までを目安とする)


秋の植菌:

秋に伐採した原木に植菌し、仮伏せをして冬を越す。


春の植菌:

冬から春に伐採した原木を、5月まで植菌する。


方法

・樹皮面に、専用の孔明器か回転数の早い電気ドリルにキノコ用のキリ(8.5ミリ)をつけて、千鳥状か、ラセン状に植え穴をあける。
・木口の近くや死節・傷口の付近におおめに植える。
太い原木には、木口面にも植菌する。
駒菌 ・・・ 直径8.5mm、深さ20mm位の穴をあけ、樹皮面と平に種駒を打ちこむ。

オガ菌 ・・・ 直径12mm、深さ20mm位の穴をあけ、オガ菌を樹皮面と平に移植器で詰め、そのうえに解かした封蝋(ふうろう)を塗る。

植菌数 ・・・ 原木の木口直径(cm)の3〜4倍の数。
例)植菌数=木口直径(cm)×3   30ヶ=10cm×3

植菌列数 ・・・ 原木の木口直径(cm)の1/2の数。
例)植菌列数=木口直径(cm)÷2     5列=10cm÷2



3.なめこの伐根方法

・春に切り口が乾いたら植菌するか、一夏過ぎた秋に植菌する。
・萌芽する木は、芽を吹き落とす。
・植菌したら、柴・カヤなどをのせておく。

関連ページ:
園芸館 菜園&ガーデン倶楽部菜園カレンダー