パセリの育て方

MEMO

パセリ・・・セリ科
原産地:ヨーロッパ中部〜南部・アフリカ北部

  

わが国へは江戸時代に渡来しました。
和名では「オランダぜり」と呼ばれます。
濃い緑色の縮れた葉が特徴で、2年目の夏に緑がかった黄色の花が咲き、種子ができると枯れてしまいます。

1.パセリの育て方と栽培の注意点

年間作業カレンダー



品種と栽培時期

「パセリ」は、ポピュラ−な料理用ハ−ブで、肉や野菜料理の飾りに使われます。
利尿や生理痛、殺菌にも効果があるといわれます。
「イタリアンパセリ」は「パセリ」の変種で、平らな葉と穏やかな香りが特徴です。


栽培条件

生育適温が15〜20℃と冷涼な気候を好むため、盛夏には生育が衰えますが、ふつうの手入れで十分に夏越えします。
また、氷点下になっても越冬するので、家庭用としては周年栽培できます。
中性に近い、弱酸性を好みます。
強い酸性土壌ではかならず石灰を施し、よく耕してから栽培にとりかかってください。
いちど栽培したところでは、少なくとも1年は栽培しないようにしてください。


2.パセリの種まき・育苗

タネは発芽しにくいので、まく前によく水洗いして、発芽抑制物質を洗い流しておきます。
育苗箱に、1cmくらいの間隔でばらまきします。
光好性のため、覆土はごく薄く、タネがかくれる程度にします。
本葉が2枚のころに、3号ポットに移植して、本葉が5〜6枚になるまで育苗します。


3.土作りと畝作り(パセリ)

酸性土壌に弱いので、植えつけの2週間くらい前までに石灰を施し、よく耕します。
畝の真ん中に深さ20〜30cmの溝を掘り、堆肥と油かす、化成肥料を入れて埋め戻します。
幅40cm、高さ10cmほどの畝を立てます。


4.パセリ苗の植えつけ方法

本葉が5〜6枚くらいに育ったころ、株間20〜30cmくらいに植えつけます。
移植を嫌うので、根を傷めないように気をつけ、また株元を埋めすぎなしようにします。
植えつけの後にたっぷりと水を与えます。
5号深鉢に1株、65cmの深型プランターなら5株が植えられます。
根が真っ直ぐに伸びる性質があるので、なるべく深いものを使用してください。


5.パセリの追肥・敷きわら方法

生育のようすを見ながら、2〜3週間に1回くらい、畝の肩に追肥して土寄せします。
プランターなどでは、半月に1回、化成肥料を施し、用土によく混ぜ込みます。
夏の乾燥する時期には、株元に敷きわらをします。


6.パセリの収穫方法

本葉が13〜15枚になったころからが収穫期です。
外側の下葉から摘み取ります。
たくさん収穫できたときは、水洗いをしてから冷凍保存しておくと便利です。
使う直前に取り出して、手で軽くもむとパセリのみじん切りになります。
花茎が伸びてきたら、早めに摘み取ります。
収穫しないで放任すると多年草化しますが、よい葉を収穫するには、毎年タネをまいて更新するようにします。


7.パセリの病害虫と対策

1.アブラムシ類

体長2〜4mmの小さな虫が、新芽や茎に群がって汁を吸います。

対策
ベニカ水和剤、ダントツ水和剤、アーリーセーフ殺虫剤を散布します。
小面積の散布には、スプレータイプが手軽です。


2.キアゲハ

春と秋に、幼虫が葉を食害します。

対策
見つけたら小さいうちに駆除します。


3.ナメクジ

夜に活動して、葉を食害します。

対策
見つけたら駆除します。
ビールに誘引されますので、コップなどを土に埋め、ビールを注いで転落させる方法もあります。


関連ページ:
園芸館 菜園&ガーデン倶楽部菜園カレンダー