ワケギ・二十日ワケギ・アサツキ作り方

MEMO

植付時期・・・
ワケギ・アサツキ:7月〜10月頃
二十日ワケギ:
2月〜5月頃(春) 7月〜10月頃(秋)

収穫時期・・・
ワケギ・アサツキ:翌年3月〜4月
二十日ワケギ:
2月〜5月頃(春) 7月〜10月頃(秋)

植付場所・・・
日当たり、水はけがよく、有機質に富んだ肥沃な土壌を選びます。


  

いずれも、小型のネギで、分げつがどんどん進み、
1株が20〜30本にもなり、長く収穫が楽しめます。

1.畑の準備(苦土石灰と元肥をまく時期と量)

①植付け2週間前に苦土石灰をまき、よく耕します。(1m² あたり1.5握り)
②植付け1週間前に元肥を入れ、平らにします。(1m² あたり堆肥バケツ2分の1、鶏糞バケツ3分の1、もしくは緩効性肥料を適量)

2.植付け1・下準備

種球の外側の薄い皮をむき、2〜3球に分けます。


3.植付け2・植え方のコツ

種球は10〜15cm間隔で深さは葉先がわずかに地上に出るくらいで、地面に垂直になるように植え付けます。
※深すぎ→萌芽が遅れて育ちが悪いです。(とくに低湿地では注意)
※浅すぎ→株元がぐらつき、まっすぐに育ちません。


4.追肥の時期と量

草丈が15cm位に伸びた頃に畝の長さ3mあたり化成肥料を3つかみ位、株から少しはなして施します。


5.収穫時期と回数

高さが20cm位になったら収穫します。連続して収穫したい場合は、下の方を3〜4cm残し包丁などで切って収穫します。
株を残すと、新しい葉が伸びてきますので、伸びてきたら同じように収穫します


6.ワケギとアサツキの特徴

ワケギはネギの代用として薬味に使ったり、春のワケギ和えはおいしいものです。
性質が強く、甘味の強いネギとして古くから愛されています。
アサツキはネギやワケギより臭味が少なく、細かく刻んだ葉の繊細な美しさが特徴です。


関連ページ:
園芸館 菜園&ガーデン倶楽部菜園カレンダー