行者ニンニクのつくり方

MEMO

ユリ科
多年草
葉はお浸し、和え物、天ぷら、汁の実などに、鱗茎は味噌漬けや炒め物の風味付けなどに利用できます。

  1月 2月 3月 4月 5月 6月
植付け            
収穫            
  7月 8月 9月 10月 11月 12月
植付け            
収穫            

1.畑の準備

排水性がよく、有機質の多い土壌で、西日を避けた半日陰が最適です。
植え付けの1ヶ月前位に堆肥と石灰、油粕等を散布し、よく混ぜておきます。


2.植え付け

苗の先端2〜3cmを出し、株間15cmの間隔で植えつけます。


3.管理

強い光にさらさないように、寒冷紗などで遮光をして下さい。
「朝のみ日の当たる半日陰」の生育環境の場合は遮光は必要ありません。
また、乾燥に特に注意し水遣りを行ってください。
追肥として春と秋に堆肥、油粕を与えてください。


4.収穫

植え付けの1年目は、根株を充実させる為に収穫は控えてください。
4〜5月頃に若い葉と地面の茎を収穫してください。


関連ページ:
園芸館 菜園&ガーデン倶楽部菜園カレンダー