インゲンの育て方

MEMO

インゲン・・・マメ科
原産地:中央アメリカ

1.インゲンとは

インゲンとはマメ科の1年草で、つるが伸びるつる有種とつるが伸びにくいつる無種(矮性種)に分かれます。
中央アメリカが原産地とされていて、日本には江戸時代に隠元禅師により中国から伝わりました。
若莢を利用する種類と豆を利用する種類があり、地域により多種に分かれています。インゲンマメ、インゲン、サイトウ、サンドマメなど呼び方もいろいろあります。

2.インゲン栽培のポイント

温暖な気候を好みます。低温下での発芽不良を起こす時がありますので注意してください。
早春の育苗では低温に遭遇してしまうと枯死してしまいますので注意してください。
また、夏の30℃を越える高温・乾燥は落花や落莢の原因になります。真夏の収穫には注意してください。

3.インゲンの発芽適温・生育適温

発芽適温 20〜25℃ 生育適温 15〜25℃ 土壌適応性 ph5.5〜6.5 輪作年限 2〜3年

4.インゲンの種まき、定植、収穫時期

5.インゲンの作業内容(つる無種)

1. 畑の準備

植え付けの2週間前位に堆肥と石灰、油粕・化成肥料等を散布し、よく深耕しておきます。
肥料は根を作るために堆肥を十分に混ぜ込んでください。


2. タネまき

直播の場合は、25〜30cm間隔に2〜3粒タネをまき、発芽後1本に間引きをします。 移植栽培の時は、セルトレイやポットにタネまき用の培土を入れ、十分に湿らせた後タネをまき、土をかけたら上から軽く手で押さえます。タネまき後は2日は灌水しません。


3. 管理

葉の色が薄いようならば追肥を行いますが、与え過ぎには注意してください。


一部のつる無種では密植や多肥栽培、日照不足が原因で節間が伸びてつるのようになってしまう時があります。その時は摘芯を行ってください。


4. 収穫

子実が膨らんだものより順次収穫してください。
収穫の遅れは莢が硬くなるので採り遅れの無いようにしてください。


6.インゲンの作業内容(つる有種)

1. 畑の準備

植え付けの2週間前位に堆肥と石灰、油粕・化成肥料等を散布し、よく深耕しておきます。 肥料は根を作るために堆肥を十分に混ぜ込んでください。


2. タネまき

直播の場合は、25〜30cm間隔に2〜3粒タネをまき、発芽後1本に間引きをします。 移植栽培の時は、セルトレイやポットにタネまき用の培土を入れ、十分に湿らせた後タネをまき、土をかけたら上から軽く手で押さえます。タネまき後は2日は灌水しません。


3. 管理

伸びるにしたがってネットや支柱にツルを絡ませます。 花が咲きだした頃を目安に追肥を行いますが、与え過ぎには注意してください。 真夏の高温と乾燥で花落ちや落莢が起きますが、涼しくなると再び花が咲きだします。


4. 収穫

子実が膨らみ長さが18cm前後になったものより順次収穫してください。 収穫の遅れは莢が硬くなるので採り遅れの無いようにしてください。


関連ページ:
園芸館 菜園&ガーデン倶楽部菜園カレンダー