寄せ植えの基本

関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

寄せ植えは、植物の組み合わせによりいろいろなバリエーションが楽しめます。
寄せ植えには特別な決まりはありませんが、バランスの良い組み合わせや、一定期間美しい姿で楽しめる方法があります。
まずは、基本的な作り方をマスターし、いろいろな植物や器で寄せ植えを楽しみましょう。

基本的な寄せ植えの作り方

手順1
1.器の底に鉢底ネットを敷き、ゴロ土を数cm入れた培養土を少し入れます。(培養土に元肥が入っていなければ肥料を入れます)
手順2
2.植え付ける植物は、ポットのまま用土の上に並べてレイアウトを決めてからポットを抜き、植えていきます。
手順3
3.根鉢がいっぱいになっている場合、底の部分の根をほぐしてから植えます。
手順4
4.植え付けは、シンボルツリー等メインになる植物、そして奥から手前に植えるほか、中央から周りに向かって植えていきます。
手順5
5.すきまに用土を入れていきます。
手順6
6.割りばしなどの棒で突きながら足し入れていき、株が動かないように植え付けます。
手順7
7.用土は、鉢のふちの数cm下まで入れ、ウォータースペースをとります。(鉢いっぱいに入れると水やりをした時、水や用土がこぼれます。)表面を平らにしてたっぷりと水を与えます。
手順8
8.できあがり!

関連ページ:

園芸館

菜園&ガーデン倶楽部
HowTo情報 一覧
スマホアプリ登場バナー