キャベツの作り方

関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

旬や米利

菜園カレンダー

MEMO
キャベツ・・・アブラナ科
原産地:地中海地方

キャベツ

アブラナ科の1〜2年草で、地中海地方原産で古くから野菜として栽培されています。通常の結球性のものとチリメン系(サボイ系)と紫系などがあります。
ビタミン類が豊富で生食の他、煮たり・炒めたり、漬けたりと利用の幅が広い。
作型により品種が異なりますので、春まき・夏まき・秋まきと作型に合った品種を選んでください。

栽培のポイント

土質に対する適応性は極めて広く、弱酸性から中性でよく生育します。
酸性土でも生育しますが、根こぶ病が発生しやすくなりますで、発生地域では必ず石灰で中和し、殺菌剤を散布してから栽培を行うとよいでしょう。

発芽適温・生育適温

発芽適温 15〜30℃ 生育適温 15〜20℃ 土壌適応性 PH6.0〜7.0 輪作年限 2年

栽培暦

作業カレンダー

※ 品種により異なります

作業内容

1. タネ蒔き

連結ポットやセルトレイにタネまき用培土を入れ、土を湿らせてから1ヶ所にタネを3〜5粒まき、覆土はタネがかくれる程度薄くし、軽く上から押さえます。
本葉が2〜3枚になったら1本に間引きを行います。

高温期では、風通しの良いところでの育苗を心がけ、昇温対策に努めます。
タネ蒔きの様子

2. 畑の準備

タネ蒔きの2週間前位に堆肥と石灰、油粕等を散布し、よく混ぜておきます。

3. 定植

本葉が6枚前後になったら、株間35〜40cm、条間45〜50cmに植え付けます。
植え付けの後、たっぷりと灌水を行ってください。
必要ならば粒剤の殺虫剤をまきます。
定植の様子

4. 管理

定植後、害虫から守るために防虫ネットや不織布でトンネルをかけたり、べた掛けをするとよいでしょう。 トンネルをかけた様子
隣の苗の葉が触れ合うようになった頃、株の間に化成肥料を散布し軽く土寄せをします。 隣の苗の葉が触れ合うようになった頃の様子
結球が始まったら畝の両側に2回目の追肥を行い土寄せをします。 土寄せの様子

5. 収穫

球が大きくなり、上から押して固くなっていたら収穫の適期です。株を斜めにして包丁で切って収穫します。 収穫期の様子
早生系のものは、特に裂球しやすいので早めに収穫してください。 収穫の様子

関連ページ:

園芸館

菜園&ガーデン倶楽部

HowTo情報 一覧
スマホアプリ登場バナー