ラベンダースティックの作り方

関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

はじめに・・・

優しくゆったりした気分にさせる香りのラベンダー。その魅力をいつまでも楽しめるように「ハーブスティック」を作ってみましょう。

1.用意するもの

ラベンダー・・・30〜50cmのものを奇数本

画像
穂も大きくなっています
素材のラベンダーを刈り取りましょう。取材した6月下旬は紫色のラベンダーが満開。一面、緑と淡い紫のラベンダー畑に入って刈り取ります。
40cmの長さで刈り取りますが、この長さは作ろうとするスティックの長さによるので、お好みに合わせて下さい。
ラベンダーの本数は9本、11本、13本・・・というように必ず奇数本用意して下さい。
リボンを巻きつけていく過程で、偶数だと目の数が揃わなくなってしまうからです。

リボン・・・150cmくらい

画像
リボンと糸も用意しましょう
束ねたラベンダーに巻いていくのに使います。150cmくらいは用意しましょう。
幅や色はお好みで、いろいろ揃えておくと便利です。

ミシン糸・・・50cmくらい

画像
品種はプロヴァンスブルー
リボンを巻く前、穂の形を整えるために使います。普通の糸で問題ないでしょう。

2.葉を取る

画像
取った葉は捨てないで!
刈り取ったラベンダーを束にして、葉を取りましょう。茎を手に持ってしごくように葉を落します。
落した葉は捨ててしまうのではなく、後で使うために取っておきます。

3.穂を束ねて糸を巻く

穂を上下にずらして

画像
上下にずらしてバランスをとります
バランスよくラベンダーの穂(=花)の部分を束ねます。
同じ高さで揃えるのでなく、あえて上下にずらして束ねましょう。
ここで束ねた上下の穂の高さが、ラベンダースティックの頭の部分になります。
美しい形を頭の中でイメージしつつ、束ねていきます。

らせん状に糸を巻いて固定する

画像
根元から糸で固定しましょう
束ねた穂をひとまず固定するために、ミシン糸でぐるぐる巻いていきます。根元の方から、らせん状に上に向かって巻いていきましょう。
このとき、ボリュームを出すために、さきほど落した葉っぱも一緒に巻き込みましょう。
画像
下は切り揃えます
固定したら、この時点で全体の長さがわかると思います。
下の方の長すぎる茎をカットして揃えましょう。

4.茎を折り返す

画像
このように折り返します
糸を巻き始めた根元のところの茎を、180度折りかえします。
奇数本のラベンダーの茎を、等間隔にしてそれぞれの方向へ折りましょう。
画像
全部折ります
  次のページへ

関連ページ:

園芸館

菜園&ガーデン倶楽部
HowTo情報 一覧
スマホアプリ登場バナー