木材でテーブルを作ろう!

今回はテーブルの作り方をご紹介。
お好みに合わせて天板のサイズや脚の長さを変えて、 オリジナルのテーブルを作ってみよう!

※掲載された情報または内容のご利用により、直接的、間接的を問わず、お客様または第三者が被った損害に対して、弊社は責任を負いません。あらかじめご了承願います。

関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

1.道具 (あると便利な電機工具も記載)

材料

工具

 
・ 2×4材6F…3本
・ 赤松角材3m×6cm×6cm…1本
・ 針葉樹合板…2枚
・ ラミン丸棒10φ…1本
・ コーススレッドビスM4.2×75mm
・ 皿タッピング4.0×20mm
・ インパクトドライバー
・ 丸ノコ
・ 丸ノコ定規
・ 手ノコ
・ ジグソー
・ ヤスリまたはサンダー
・ 電気カンナ
・ トリマー
・ C型クランプ
・ ボンド
・ えんぴつ
・ 曲尺

2.木取図 (単位:mm)

木取図
※木材の両端は、あらかじめ捨て切りしておくと、キレイに仕上がります。

3.完成図 (単位:mm)

完成図

4.手順とワンポイント

脚を作る

1. 赤松角材を切って、676mmの脚を4本作ります。
やすりで、カットした赤松材の面をカンナでツルツルにします。
電気カンナがあるととても便利。最後まで平らにして使いましょう。
 
HowTo ビデオ
動画動画動画
赤松角材を削る
【WMV形式、13秒(622KB)】


・Windows Media Player 7以上が必要です。
 見られない方はこちらからダウンロードして下さい。
・コメリ店頭のパソコンでは、ご覧になれません。
2. 丸ノコを使いますが、厚みがあるので表と裏で2回に分けて切断します。
厚みがあるため、表と裏から2回切ると、切断面に段差ができるので注意。
  画像
3. インパクトドライバーで、9φまたは9.5φの穴を空けます。
穴の深さは3cm。
穴は2面から掘るので、お互いにネジが交わらないように穴あけ間隔を変えます。
 
MEMO
曲尺の幅は15mmなんですよ。
画像
  画像画像画像画像画像
4. 脚ができていきます。
ボンドを塗って接着させた後、インパクトドライバーでビス(75mm)を打ち込みます。
節の見える面は、出来上がり時に見えないように内側に入れましょう。
  画像
5. 上面から手で押して、グラツキがないようにします。   画像
6. 丸ノコで直角三角形(×4)を作ります。
画像
  画像
7. 下穴をあける。
接着面にボンドを塗ります。
はめ込んでインパクトドライバーで打ち込んでいきます。
画像
  画像
画像
8. テーブルの角4ヵ所を補強します。   画像
9. 次に、ビスを打ち込んだために空いた穴をふさぎます。
ラミン丸棒を切って、先端をたたきます。
穴に接着剤を入れて手ノコでカットします。
 
HowTo ビデオ
動画動画動画
穴をふさぐ
【WMV形式、33秒(1.4MB)】


・Windows Media Player 7以上が必要です。
 見られない方はこちらからダウンロードして下さい。
・コメリ店頭のパソコンでは、ご覧になれません。
10. サンダーで木材の面のデコボコをツルツルにします。
段差だって無くなります。
サンダーのペーパーの粗さは#160ぐらいがちょうどいいです。
 
HowTo ビデオ
動画動画動画
サンダーで削る
【WMV形式、10秒(470KB)】


・Windows Media Player 7以上が必要です。
 見られない方はこちらからダウンロードして下さい。
・コメリ店頭のパソコンでは、ご覧になれません。
次のページへ
HowTo情報 一覧
スマホアプリ登場バナー