春植え草花、球根の植えつけ

関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

鉢、プランターへの植え付けのポイント

水はけ、通気性の良い用土に、根張りを良くし、次々と花を咲かせ、長く楽しむために元肥「マグァンプK(中粒)」 または「花咲く化成肥料」を土に混ぜ込みます。培養土には、水はけの良い、「プランター培養土」がおすすめです。苗は少し土を落とし、浅く植えつけます。球根類は球根の頭が少し出る程度に浅植えにします。 イメージ画像

球根の消毒

球根腐敗病の予防のため、植えつける前に殺菌剤で、消毒することをおすすめします。ビニール袋に球根と、球根重量の0.1%〜0.2%の「ベンレート水和剤」 を入れ、球根に衣をまぶすように、まんべんなく付けます。薬剤が取れないよう、植えつけの直前に行います。

花壇への植えつけ

日当たりと水はけの良い場所を選びます。土を深く掘り起こし(30〜40cm)、土のリサイクル材「古い土・再生します」、石灰類、有機物(腐葉土など)を混ぜて2〜3週間おいた後、元肥「マグァンプK(中粒)」 または「花咲く化成肥料」を入れて浅く植えつけます。

肥料

元肥が混合された土でも、次々と花を楽しむためには追肥が必要。植えつけ2〜3週間後から液肥「ハイポネックスNEWレイシオ原液」 または「薄めて使う液体肥料」 を1週間に1回与えます。あるいは、植えつけ1ヶ月後より「ハイポネックス植物のサプリ・花やグリーン」を1ヶ月に1回、または「ハッピーハウス」を2ヶ月に1回、株元に与えると良いでしょう。

  次のページへ

関連ページ:

園芸館

菜園&ガーデン倶楽部
HowTo情報 一覧
スマホアプリ登場バナー