秋植え球根

関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

植え付けのポイント

球根の消毒

ビニール袋に球根と、球根重量の0.1%〜0.2%の「ベンレート水和剤」 を入れ、球根に衣をまぶすように、まんべんなく付けます。薬剤が取れないよう植えつけの直前に行います。

鉢、プランターへの植えつけ

水はけ、通気性のよい土に緩効性の元肥「マグァンプK(中粒)」 や「球根の肥料」を混ぜ込んで植えつけします。新しく土を入れる場合は、「球根培養土」に植えつけるとカンタンです。植えつけ方法は、球根の下に根が張るスペースを取り、球根の頭が少し出る程度に浅く植えつけます。但し、ユリは深植えします。

花壇への植えつけ

日当りと水はけのよい場所を選びましょう。土を深く掘り起こし(30〜40cm)、石灰類、有機物(腐葉土など)を混ぜて2〜3週間おいた後、元肥「マグァンプK(中粒)」 または「球根の肥料」を混ぜ込んで土づくりをします。植えつけは、球根の高さの1〜2倍程度の深さに。(但し、ユリは3〜4倍に)また、毎年植えつけている花壇には、土の力が弱くなりますから「古い土・再生します」を混ぜ込んで、土にパワーを復活させましょう。さらに花壇に大量の球根を植えつける時、便利な「球根植え器」 があれば、作業が楽です。

  次のページへ

関連ページ:

園芸館

菜園&ガーデン倶楽部
HowTo情報 一覧
スマホアプリ登場バナー