掃除機特集

掃除機特集では、ホームセンター「コメリ」の取扱商品の中から、コメリおすすめの掃除機をご紹介します。
従来のキャニスタークリーナーからスティッククリーナー中心に様々な掃除機を取り揃えております。
また交換用の紙パックも各メーカーの純正品から互換品までございます。
さらには紙パック式とサイクロン式の違い、キャニスターとスティッククリーナーの違いなど気になる疑問も解決!

掃除機を選ぶ

パーツ・紙パックを選ぶ

その他家事家電

掃除機の選び方

スティッククリーナーと
キャニスタークリーナーの違い

現在、掃除機の種類は大きく分けて「スティッククリーナー」と「キャニスタークリーナー」に分けられます。
ここでは「スティッククリーナー」と「キャニスタークリーナー」の違いについて解説します。
それぞれの特徴を把握することで、ご自身が探している掃除機はどちらかを選ぶことができます。

スティッククリーナー

スティッククリーナー

スティッククリーナーは現在主流になりつつある掃除機です。
片手で使えること、コードレスタイプならどこでも掃除できることなどのメリットがあります。
またスタイリッシュであるため、魅せる家電の代表格でもあります。
以前はバッテリ時間が少なかったですが、近年はその問題も解消し、メインの掃除機としても問題なく使用できます。
紙パックを使用しないサイクロン式のスティッククリーナーの場合、ダストボックスやフィルターのお手入れが必要となります。

コード付とコードレスタイプの特徴を表にまとめておりますのでご参考にしてください。

スティッククリーナーはどれを選びますか?

キャニスタークリーナー

キャニスタークリーナー

キャニスタークリーナーは本体に車輪が付いた形の昔ながらの掃除機となります。コンセントからの給電で動くため、時間を気にせずに掃除することができます。
また近年では軽量化、コンパクト化が進み、持ち運びも楽になってきています。
最近では紙パックを使用しないサイクロン式のキャニスタークリーナーも増えてきておりますが、ダストボックスやフィルター掃除が不要でゴミの処理が楽な紙パック式のキャニスタークリーナーも人気があります。

紙パック式とサイクロン式の違い

スティッククリーナーとキャニスタークリーナーの違いを説明した際にも紙パック式とサイクロン式の違いを説明しましたが、ここではより一歩踏み込んだ形で説明させていただきます。

紙パック式とサイクロン式の一番大きな違いは、吸い込んだ後のごみのため方です。
吸い込んだゴミを紙パック式は紙パックに、サイクロン式は、本体に付属しているダストケースにためます。
その他の違いを表にまとめておりますので、ご参考にしてください。

掃除機はどれを選びますか?

最近では、サイクロン式も吸引力が上がり、紙パック式よりも強い掃除機が販売されております。
猫や犬などのペットと一緒にお住まいの方はサイクロン式を選ばれている方が多くなっております。
ただ、サイクロン式は都度フィルターを掃除する必要があるため、ほこりアレルギーなどをお持ちのかたは紙パック式がおすすめです。

ヘッドの種類

最近の掃除機の特徴としてゴミを吸い取る掃除機のヘッドも様々な種類が出ております。
それぞれのヘッドに大きな特徴がありますので、掃除機を選ぶポイントの一つとなります。

ヘッドの違いは?

パワーヘッドはモーター力で回転するため、吸引力が強いので、フローリングはもちろん、じゅうたんやカーペットに最適なヘッドとなります。
フロアヘッドは風の力でごみを吸い取るため、吸引力は弱くなりますが、価格は抑えることができます。

最近の高級掃除機では、パワーヘッドの上位である自走式ヘッドも登場しております。
こちらは、ヘッドが掃除機の動きを補助してくれるため、力を入れなくても動くため、カーペットから畳などの動きにくい場所はもちろん、広い範囲を掃除をするのであれば、おすすめです。

関連商品

関連特集