雑草・コケ対策

空き地

空き地を放置しておくと、繁殖力の強い雑草に覆われてしまいます。また、ゴミ捨て場になったり、虫が大量に発生したりしてご近所にも迷惑をかけてしまうこともあります。空地の管理には長期間にわたって雑草の発生を抑えられる、土壌処理型をおすすめします。いったん雑草を枯らした後は、しばらく手をかけずに済みます。草丈が高い場合は、茎葉処理型を使用してください。

除草剤選びのポイント

早い時期に散布するのがポイントです。空き地へは普段、人が立ち入らないので、他の場所に比べて大型雑草が生えやすくなっています。大きくなってしまってからでは手入れが大変です。コストパフォーマンス良く管理するには、雑草の生える前から生え始め(草丈が3〜5cmになった頃)にまきましょう。

土壌処理とは

上に戻るボタン