ボタンの育て方

MEMO
ボタン・・・ボタン科以前はキンポウゲ科に入れられてましたが、近年はボタン科として扱われます。

関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

ボタンの育て方

年間作業カレンダー

年間作業スケジュール
(関東地方基準)
牡丹

品種

多くの園芸品種があり、花色は赤、白、桃、紫、黄などがあり、花弁は、一重のものから八重、千重、万重、万重獅子(まんえじし)咲きと呼ばれるものまであります。

植え付け

植え付けは、9月中旬から10月いっぱいが適期です。場所は、排水や日当たり、風通しのよい場所がおすすめです。また午後からの日射しを避けることのできる場所が良いでしょう。

庭植え
  • 植え穴付近を耕し、左のような穴を掘り、掘り上げた土に腐葉土または堆肥をまぜます。底に発酵油カスと骨粉を入れます。
  • 植え付けは、直接根が元肥にふれないように高植えにします(左図のようにブロックやレンガを使ってもよいでしょう)。台木(一般にシャクヤク)との接ぎ目が5cm程土の中に隠れるように掘り上げておいた上をかぶせます(ボタン自体に根を出させるために高植えします)。
  • 植え付け後、ワラ等でマルチングをし、乾燥から防いでやるとよいです。
MEMO
接木
繁殖目的の植物の一部(接ぎ穂)を、他の植物(台木)に接着することです。
品種の特性が維持されたり、植物年齢の短縮等の利点が、植物によりあります。
鉢植え
  • 鉢は、7号以上の駄温深鉢を使用します。鉢底ネットを敷き、底に3cm程、ゴロ土(赤玉の大粒等)を敷きます。
  • 植え込み用土は、赤玉土6と腐葉土4の割合の物を使用し元肥は、庭植えと同様、根に肥料がふれないように置きます。接き目が3cm程隠れるように前述の用土でおおいます。

管理方法

水やり

水切れをくり返すと樹勢が弱ります。また過湿も嫌手です。表土が乾いたら水を与えます。

肥料

ボタンは肥料食いの植物として知られていますが、一度に多くの肥料を施さず、緩効性の肥料を分けて施します。

  • 2月から3月に有機質の肥料(完熟堆肥、ケイフン、腐葉土など)を根のまわりにすき込みます。
  • 5月上旬から6月上旬の開花後に緩効性の化成肥料を適量、根元から少し離して施します(暑くならないうちに行う)。
  • 9月中旬から10月には、緩効性化成肥料と骨粉又はリン・カリ肥料適量を、根元から少し離して施します。

花摘みと剪定

ボタンは放っておくと、枝が込みあい、日当たりや風通しが悪くなり、病害虫が発生しやすく、花つきが悪くなり、また樹形も乱れるので芽摘みと剪定が必要です。

芽摘み
  • 花後、葉のつけ根に芽が出ますが、これが全て枝葉になり茂ると、花までエネルギーが回りません。終わった花はカットし、6月上旬ころから各枝の下の2芽を残しその上の芽は摘み取ります。こうすることで、残った芽は充実し、確実に花芽をつけるようになります。
  • 4月頃、台木のシャクヤクの新芽は不要なので、かき取ります。
剪定
  • 細い枝、枯れ枝は切捨て、6月の芽摘みのときに残した芽の3cm程上のところで切落とします。この時、下の芽に水滴が流れ落ちないよう、芽と逆側に向けて斜めにカットします。

ボタンとシャクヤク

ボタンとシャクヤク

落葉低木

横に張った樹形になります。↓座ればボタン
ボタンとシャクヤク

宿根草

まっすぐに伸びた茎の先に花をつけます。↓立てばシャクヤク

病害虫

病気

1.灰色かび病:3月〜7月中旬、9月

「症状」若い葉や茎、つぼみ、花弁等に、はじめは水がにじんだようになり、しだいに腐ってきます。やがて灰褐色のカビが生えます。風により胞子が広がります。

「対策」【予防】風通しのよい環境に、鉢植えで移動のできるものは、雨天の時、雨のあたらない場所へ移動します。【治療】病気の花や葉は摘み取り処分します。発生の初期であれば、1週間ごとに2〜3回、ベンレート、ダコニール、トップジンM等散布します。


2.白絹病:6月〜8月

「症状」株付近に、菌糸(白糸状)が網の目状に発生し、やがて株は立ち枯れ状になります。

「対策」【予防】冬に50cm程、天地返しを行い、菌核を地中に埋めてしまうようにすると、発生しにくくなります。


害虫

1.根コブセンチュウ:3月〜10月

「症状」土中におり、根の先から侵入し、養分や水分を吸収します。この時、根に虫コブを作ります。このように根コブセンチュウに寄生されると、植物の生育が悪くなり、花が咲かなかったり、下葉より枯れ上がったりします。

「対策」【予防】堆肥を一定量、毎年施し、根の発育をよくするという方法があります。【駆除】NCS剤による土壌消毒が家庭向きの方法です。


2.カイガラムシ:周年(幼虫又は成虫)

「症状」枝、茎、葉に寄生し、汁を吸い、枯れ死する場合もあります。

「対策」【予防】植物の休眠期である冬の間にマシン油乳剤を散布し、窒息死させます。【駆除】幼虫のふ化期にスミチオンやオルトランを1週間ごとに3回程散布します。

※農薬はラベル等に記載されている使用基準に従い、適用のある作物に使用して下さい。

関連ページ:

園芸館

菜園&ガーデン倶楽部

HowTo情報 一覧
スマホアプリ登場バナー