ラッピングの基本(斜め包み編)

関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

斜め包みは合わせ包み(キャラメル包み)に比べて破れにくく丈夫です。
見た目も美しいので、慶事などフォーマルな包装にも使われています。

用意する包装紙の大きさ

画像 図のように箱を回転させ、最後の角から包装紙の端までが3〜4cmになるようにカットします。
画像 1.
箱の角の3点(☆印)が紙の上に乗るように調節します。
箱の「正面」は上向きに、「天」は左側に向けて置きましょう。
画像 2.
手前の包装紙を折り、箱の上にかぶせます。
ここで左角が包装紙に隠れ、さらに2〜3cmの余裕があるようにしましょう。
画像 3.
箱の角に合わせて、包装紙を谷状に、内側へひだを作るように押し込みます。
画像 4.
左側の紙を上に立ち上げ、Bを調節しながら、箱のA辺に合わせます。
画像 5.
左側の包装紙を上にかぶせます。
画像 6.
☆印部分を内側へ引っ張りながら、Bを調節し、箱のA辺とそろうようにします。
半分包んだ箱を転がしながら折り込むと良いでしょう。
画像 7.
今度は箱の底(裏面)が上に来ました。
包装紙にたるみがないか確認します。
画像 8.
」、「」を繰り返し、残りの部分も箱にかぶせていきます。
画像

9.
箱の対角線を基準に、紙の端が線から出ないように内側に折り込みます。
中心の1カ所にテープを貼って完成。

MEMO
ここがポイント
包装紙の折り目が箱のラインからはみ出さないように、
内側に折り込んだ包装紙を上手に調節しましょう。
HowTo情報 一覧
スマホアプリ登場バナー