鑿(ノミ)の使い方

関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

※掲載された情報または内容のご利用により、直接的、間接的を問わず、お客様または第三者が被った損害に対して、弊社は責任を負いません。あらかじめご了承願います。

はじめに・・・

細かい細工ができるので、家具作りやDIYで使えると、とても便利な大工道具、ノミ。今回は、基本的な使い方をご紹介いたします。

基本的な使い方

・左手で柄のかつらの下を持ち、垂直にしながら^上から見て玄能で打ち付ける。
・ホリ巾に合った刃幅のノミを使う。  
①スミ付けをした周囲2mm内側を、刃裏を手前にして直角にノミを立て柄を叩き、掘り線を入れる。ノミの持ち方は桂のぎりぎりまで強く握る。

②ノミを約60°傾けてできた切込みに向かってたたき、掘り起こす。
  【A】

③スミ付けより広いキズを残さないように、スミ付けの3〜1mm手前でこの動作を繰り返す。
  【B】【C】【D】

④最後に改めてスミ付きいっぱいまで掘りくずし、穴を開ける。
  【E】


ノミの種類

集成材用のみ
・厚い板はノコギリを立てて切り進みます。
・耐久性バツグン。
・硬度が高く、ねばりと耐磨耗性を兼ね備えている。
・グラインダーで研げる。
細工用のみ
・女性の手にもピッタリフィットするので持ちやすい。
・叩けるグリップ。
・かつらの調整が必要ありません。
・薄いので木彫り用としても最適です。
・刃先を替えて多用途に使えます。

資料提供:藤原産業株式会社

HowTo情報 一覧
スマホアプリ登場バナー