鉢花寄せ植え

関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

植え付けのポイント

鉢花類は1〜2年に1回は植え替えが必要です。種類により多少異なりますが、最適な時期は3〜5月か9〜10月頃。

まず、元の鉢から植物を抜き、古い土や傷んだ根を1/3程落とします。また表面の土も2cm程度取り除き、一回り大きな鉢の底に「鉢底石」を敷いてから植えつけます。便利な道具に「緑館ステン土入れ3点セット」 があります。

イメージ画像

用土と元肥

水はけ、通気性の良い用土に、根張り、花着きを良くする元肥「マグァンプK(中粒)」 または「花咲く化成肥料」を土に混ぜ込みます。培養土には、水はけの良い「プランター培養土」がおすすめです。シャコバサボテン、アロエ、金のなる木などの多肉植物やクンシランには、さらに水はけを良くするために「アロエ・金のなる木の土」に軽石や日向土を2〜3割程度混合して使用します。


肥料

植え替え2〜3週間後より液肥「ハイポネックスNEWレイシオ原液」 、または「薄めて使う液体肥料」 を1週間に1回与えます。または植え替え1ヶ月後より置肥「プロミック草花鉢花用」 、または「ハッピーハウス」を鉢土の上に2ヶ月に1回置いても効果的。

  次のページへ

関連ページ:

園芸館

菜園&ガーデン倶楽部
HowTo情報 一覧
スマホアプリ登場バナー