防風ネットの張り方

畑・果樹園・菜園・ガーデニングなどの風よけに
※使用部材・設置場所により設置方法が異なる場合がございます。

関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

旬や米利

1.用意するもの

防風ネット、支柱(単管パイプなど)、
支柱を打ち込む道具(ハンマーなど)、
ネットを杭に固定するもの(パッカーやロープなど)

2.菜園やお家廻りに支柱を設置

圃場の外側に沿って1〜2m間隔で支柱を打ちます。
支柱は倒れないように約30〜50cmの深さで打込んでください。

3.設置した支柱にネットを設置

【固定式】
ネットを両端の支柱にロープなどでしっかりと固定し、他の支柱にはパッカーなどで固定します。

【開閉式】
支柱上部に張りロープを張り、しっかり固定します。
ネットの上部に約50cm間隔でネット吊り具を取り付けます。
ネット吊り具を張りロープに取り付けます。
ネットを両端の支柱にロープなどでしっかりと固定し、他の支柱にはパッカーなどで固定します。
開閉時はパッカーを取り外し、ネットをカーテンのようにスライドさせてください。

4.完成

風が強く吹く所は筋交いをしましょう。

関連ページ:

園芸館

菜園&ガーデン倶楽部

HowTo情報 一覧
スマホアプリ登場バナー