ウサギの飼い方

関連商品を探す

印刷用PDF版ダウンロード

1、ウサギの特徴

ウサギ目 : ウサギ科 アナウサギ     英名 Rabbit "学名 Oryctolagus cuniculus(オリクトラグス クニクルス)"
 最近までウサギはハムスター等のげっ歯目に区別されていました。
下顎を前後させてエサを食べるげっ歯目に対し、ウサギは門歯を左右に動かして採食することから独立した分類ウサギ目となりました。
門歯はげっ歯目同様伸び続けます。
ペットとして飼われいるウサギは、すべてヨーロッパアナウサギをもとに改良されたものです。
その名の通り、巣穴を作るために前足で土を掘る習性があり、飼いウサギも同様にこの習性をもっています。
ウサギの特徴

【ウサギの特徴】

種類 大きくは「野ウサギ」と「アナウサギ」に分かれます。 ペットのうさぎは殆どが「アナウサギ」の仲間。
歯数 28本 全歯は一生伸び続けます。1年に約12センチ程伸びます。
指の数 前足5本 後ろ足4本
体重 ミニウサギ:3kg前後、ネザーランド:2kg前後、ロップイヤー2kg前後
妊娠期間 約28日間
産仔数 4〜8羽
体温 38℃〜39℃ (緊張すると40℃位まで上昇したりします。)
血液型 H1/H2/H1H2/O 4種類
視力 0.05程度の近視
寿命 平均寿命5年〜10年 (かなり長生きするうさぎもいます。長寿記録15年)
臭腺
(シュウセン)
顎に臭腺があります。
縄張りや仲間である事を示す為に、顎をこすりつけ臭いを付ける習性があり、飼育下でも良く慣れた飼い主に同様の事をします。
スタンピング 危険を感じたときや怒っている時など、後ろ足で地面を強く踏み鳴らすスタンピングという動作をします。
また、キイーツという鳴き声を出します。
呼吸数 30回〜60回/分
心拍数 180回〜250回/分
便 採食後最初の4時間の間に固い球状の便を作ります。
次の4時間に柔らかくより強い臭いのする「盲腸栄養便(ピタミソン)」が生産されます。
この便には、ビタミン、タンパク質が豊富に含まれていてうさぎが肛門を舐めることで直接摂取します。
尿 混濁(こんだく)した淡黄色〜オレンジ色。(食事により変化します。)
尿に多量のカルシウムを含むため、尿路結石にならないようしっかり水分を摂らせるようにしましょう。
オス・メスの判別  【オス】
オス
【メス】
メス

2、ウサギの飼育

用意する物 用意する物
用意する物
※紹介させていただいた画像の商品は一例です。予告なく終売となる場合があります。店舗により扱い商品は異なります。
ケージ ウサギの種類によりますが、少し大きめのケージを選びます。
直射日光が当たらない所で、比較的、部屋の温度が安定している所に置きます。
置き場所が決まったらゲージの底に敷材を敷き詰めます。
ケージ
【環境の変化に注意】
ウサギはストレスに弱く、消化器系と呼吸器系の病気にかかりやすい特徴があります。
環境の変化によって下痢を起こし易いので、エサや湿度・温度等の変化に十分に注意する必要があります。

【湿気が嫌い】
ウサギは極度に湿気を嫌います。下痢の原因にもなる為、敷材は毎日交換します。
また、最近では敷材の代わりに、足にも優しい「木製すのこ」も人気があります。
フード・おやつ ウサギは草食性の生き物です。繊維質を多く含む固形飼料を主食とし、さらに牧草を十分に与えてください。
ウサギは繊維質が不足すると消化をスムーズに行えなくなり、下痢・毛玉症・食欲不振などを起こしやすくなります。
牧草は繊維質を多含み、胃腸の働きを活発にすると共に毛玉症の予防にも役立つ不可欠なものとなっています。
野菜は新鮮なものを良く洗って与えましょう。水気を十分に切ってから与え、あまり水分の多いものは避けましょう。
フード・おやつ
エサは朝・夕の2回与えましょう。
一日に与える量は体重5〜8%程度。  (2kgの体重で、100〜160gが目安です。)


【好きな物】
ニンジン、キャベツ、リンゴ、たんぽぽ、クローバー、オオバコ、かぼちゃ、大根葉、小松菜、さつまいも

【与えてはいけない物】
肉類、魚類、牛乳、チョコレート、コショウ、お茶、タマネギ、にんにく、しょうが、ニラ などの赤血球を破壊する食物
かじり木 歯の伸び過ぎを防ぐ為、かじり木を用意しましょう。
かじり木 いろいろなものをかじってしまうことは、習性であっていたずらではありません。
水分補給 ウサギはたくさんの水を飲みます(体重の5〜10%程度)。
水分補給 ゲージに取り付けられる市販の給水器(ウォーターボトル)が便利です。
給水器は大きめのものを用意すると共に、毎日新しい水に取り換えます。
トイレのしつけ ウサギは一定の場所でフンやオシッコをする習性を持っています。
この習性を利用してトイレのしつけをする事ができます。 トイレのしつけ

・トイレ砂をトイレにすり切り程度まで入れます。
 おしっこすると固まるので、固まったところを取り除きます。
・シーツを使用する場合は、シーツをトイレに敷きます。
 おしっこすると色が変わりますのでこまめに取り換えます。

ウサギは湿気が苦手ですので、濡れたまま放置しないようにしましょう。

臭い付けの為に、トイレの容器にフンや尿を少し入れますと、しつけが楽にできます。
失敗しても、怒らないでください。ウサギは怒られた事が理解できません。根気良く続けてください。
爪切り 爪切り ウサギ専用のツメキリを使います。
切る時は爪の白い部分だけ切ってください。
爪の赤い部分には血管が通っているので注意が必要です。
ブラッシング ブラッシング 抜け毛を取るのにブラシは必需品です。
ブラッシングする時はリラックスしてる時にしてあげて下さい。
規則正しく ウサギは夜行性とされておりますが、飼育下ではほとんどが飼い主の生活に合わせた昼行性になっています。
寝かせる時間も一定にし、遊ばせる時間もバラつかないようにしましょう!

 

情報提供:株式会社マルカン

HowTo情報 一覧
スマホアプリ登場バナー