夏から冬へのお部屋のお手入れの仕方

お部屋にある冷房器具や扇風機、夏用の敷物など、冬に向けて片付ける際に掃除しておけば、来シーズンは気持ちよく使うことができますよね!
また、夏に活躍してくれた網戸は秋のうちに掃除しておけば、寒くて大変な年末の大掃除ではさっと済ませることができます。

網戸の汚れ落とし

1.網戸の汚れの取り方

とりはずせる場合は、こすり洗い

ふだんはあまりやらない網戸のお掃除。とりはずせる場合は、下の手順でかんたんにきれいにできますよ。


[手順]

(1) ガラス用洗剤をスプレーするか家具住居用洗剤をうすめた液(水2Lに対して家具・住居用洗剤40ml)をつくる。
(2) スポンジやブラシで軽くこすり洗いをする。
(3) ホースで水をかけ、スポンジや布などで水気をふきとる。


とりはずせない場合は、便利なシートかスポンジで

とりはずせない場合でも、シートやスポンジを使って、下の手順でかんたんにきれいにできますよ。


[汚れが軽い場合]

(1) モップの柄をはずし、持ち手の部分を直接ヘッドにつけて短くする。
(2) お掃除シートをつけて、内側、外側の順にホコリをとりのぞく。
(3)ウエットタイプのお掃除シートをつけて、両側の汚れをとる。



[汚れがひどい場合]

(1) モップの柄をはずし、持ち手の部分を直接ヘッドにつけて短くする。
(2) お掃除シートをつけて、内側、外側の順にホコリをとりのぞく。
(3) 大きめのウレタンスポンジに水を含ませ、水がたれない程度までキュッとしぼる。
(4) スポンジにガラス用洗剤をスプレーして泡立て、泡を網戸に軽くふきのばす。
(5) 水でしぼった布で、泡をふきとる。


関連商品:

情報提供:花王株式会社「マイカジスタイル」より

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行なってください。